ブロッコリーや芽キャベツ、カリフラワーが腸の健康を促進してくれる

ブロッコリー嫌いな人に悲報で、スーパーフードのブロッコリーには、腸の健康を促進する働きもあるかもしれないことが、ペンシルベニア州立大学の研究者達の研究が示唆しています。ネズミを用いた彼等の研究の中で、通常の餌と一緒にブロッコリーを食べたマウスが、ブロッコリーを添加した餌を食べなかったネズミに比べ、リーキーガット(腸管壁浸漏)や大腸炎の症状に似た消化器系障害に耐性があることが明らかにされています。芽キャベツやカリフラワーなどの他の野菜が、ブロッコリーに似た、腸の健康を促進する特性を持っているかもしれないみたいです。

腸健康のための研究

Like it or not: Broccoli may be good for the gut

“There are a lot of reasons we want to explore helping with gastrointestinal health and one reason is if you have problems, like a leaky gut, and start to suffer inflammation, that may then lead to other conditions, like arthritis and heart disease,”

”我々が消化器官の健康維持に役立つ研究を始めた理由は数多く存在し、その1つの理由は、腸管壁浸漏症候群のような障害が炎症し始めると、最終的に、関節炎や心疾患のような、他の健康障害をも引き起こす可能性があるためです。”

Good intestinal barrier function means that the gastrointestinal tract is helping protect the intestines from toxins and harmful microorganisms, while allowing nutrients to pass into the system, he said.

健全な腸関門機能は、消化管が、栄養素がシステムに入ることを許可する一方で、毒素や有害な微生物から腸を保護するということです。

アリール炭化水素受容体

According to Perdew, the key to the process may be a receptor in the gut called Aryl hydrocarbon receptor, or AHR. The receptor helps the body regulate its reaction to certain environmental contaminants, as well as triggers other responses to toxin exposure.

パーデュー氏によると、その過程の鍵は、芳香族炭化水素受容(AHR)と呼ばれる、腸内の受容体である可能性があるようです。その受容体は、人体が、ある種の環境汚染物に対する反応を調節する手助けをしたり、さらに、毒物暴露に対する他の反応を引き起こします。

インドールグルコシノレート

The researchers, who released their findings in the current issue of the Journal of Functional Foods, suggest that cruciferous vegetables — such as broccoli, brussels sprouts and cabbage — contain an organic chemical compound called indole glucosinolates, which breaks down into other compounds, including indolocarbazole — ICZ — in the stomach.

Journal of Functional Foods最新号に研究発表した研究者達は、ブロッコリー、芽キャベツ、キャベツ等のアブラナ科の野菜が、インドールグルコシノレートと呼ばれる、胃の中で、インドロカルバゾール(ICZ)を含む、他の化合物に分解される有機化合物を含有している事を示唆しています。

インドロカルバゾール

When ICZ binds to and activates the Aryl hydrocarbon receptor (AHR) in the intestinal lining, it aids in maintaining a healthy balance in the gut flora and immune surveillance, and enhances host barrier function, according to the researchers. This may help prevent diseases, such as various cancers and Crohn’s Disease, caused by inflammation in the lining of the gut.

インドロカルバゾールが、腸の内層でアリル炭化水素受容体(Ahレセプター)と結合してAhRを活性化すると、腸内フローラ(腸内細菌叢)と免疫監視機構の健全なバランス維持を支援し、宿主バリア機能を高めてくれる、と研究者達は言っています。この事は、各種の癌、クローン病などの、腸の内層の炎症によって引き起こされる疾患を予防するのに役立つ可能性があります。

AHRの局所的活性化

According to Perdew, hyper-activating the AHR can cause toxicity, but using broccoli to activate the receptor locally — in the gut — rather than systemically might help avoid some of these problems. “Dioxin, for example, activates this receptor, and if you hyper-activate it with dioxin, it will cause toxicity,” said Perdew. “What we were interested in is: Could you locally activate the receptor naturally at a level that would cause only modest AHR activation in the gut, but not cause systemic activation, which could possibly lead to negative effects?”

パーデュー氏曰く、AHRが過度に活性化すると、毒性を生じるのですが、ブロッコリーを使ってその受容体を、全身ではなく局所的(腸内)に活性化することで、こういった問題の一部を回避するのに役立つかもしれないという事です。”例えば、ダイオキシンは、この受容体を活性化し、過剰に活性化させ過ぎると毒性を生じます。我々が興味を持ったのは、弊害をもたらす可能性が高いAHRの全身活性化ではなく、腸内だけの適度のAHR活性化をもたらすレベルで、ナチュラルにその受容体を局所的に活性化出来るのか?ということでした。”

芽キャベツ最強伝説

For humans, the amount in the experiment would be equivalent to eating about 3.5 cups of broccoli each day, according to Perdew. “Now, three and a half cups is a lot, but it’s not a huge amount, really,” said Perdew. “We used a cultivar — or variety — with about half the amount of this chemical in it, and there are cultivars with twice as much. Also, brussels sprouts have three times as much, which would mean a cup of brussels sprouts could get us to the same level.”

パーデュー氏は、マウス実験で使った量を人に当てはめると、毎日、約3.5カップを食べることに相当すると言っています。”確かに、1日3.5カップは多量ですが、実際には、そんなに大量というほどでもありません。我々が今回、この物質を約半分だけ含む品種を使っていますが、2倍多く含む品種も存在します。また、芽キャベツは、この物質を3倍多く含んでいて、芽キャベツ1カップで、同じ量の物質を摂取することが可能であることを意味しています。”

芽キャベツは滅多に見掛けませんが、見掛けたとしても非常に高価です。現在、ブロッコリー自体がかなり高価で、1個税込み180円~300円します。カリフラワーに至っては、ちっこいのが300円以上もします。キャベツは安いけど、そんなに効果はなさそうな感じです。とにかく、日本は野菜にしても果物にしても、あまりにも高過ぎます。米国みたいに、貧困家庭には、一人につき3万円ぐらいの食費補助でもしてくれると、本当に有り難いのですが、公務員天国のオワコンジャパンに、そんな高尚な政策を望むだけ野暮かもしれません。貧民の健康にも少しは気を遣ってもらいたいものです。