ブルーベリー酢が(記憶喪失のネズミにおいて)記憶力を向上させる

認知症は、世界中の多くの人々に、彼等から思考力と記憶力を奪い、彼等がかつて送っていた生活さえも奪い去ることで、かなり深刻な影響を与えています。認知機能低下に対する新たな対抗策を模索する中で、ブルーベリー酢が、何らかの助けになる可能性があることを、科学者たちがJournal of Agricultural and Food Chemistryにおいて報告しています。彼等は、その発酵食品が、ネズミの認知機能を回復させる可能性があることを見いだしています。

スポンサーリンク

アセチルコリンと認知症の関係

Blueberry vinegar improves memory in mice with amnesia

Recent studies have shown that the brains of people with Alzheimer’s disease, the most common form of dementia, have lower levels of the signaling compound acetylcholine and its receptors. Research has also demonstrated that blocking acetylcholine receptors disrupts learning and memory. Drugs to stop the breakdown of acetylcholine have been developed to fight dementia, but they often don’t last long in the body and can be toxic to the liver. Natural extracts could be a safer treatment option, and some animal studies suggest that these extracts can improve cognition. Additionally, fermentation can boost the bioactivity of some natural products. So Beong-Ou Lim and colleagues wanted to test whether vinegar made from blueberries, which are packed with a wide range of active compounds, might help prevent cognitive decline.

最近のいくつかの研究が、認知症の最も一般的な病態のアルツハイマー病患者の脳が、信号伝達物質アセチルコリンとその受容体の水準が低いことを示し、また、アセチルコリン受容体を阻害することが、学習と記憶を混乱させることも明らかにしています。アセチルコリンの分解を抑制する薬剤が、認知症治療用に開発されていますが、たいてい持続効果が短く、肝臓に害を与える可能性があります。天然エキスは、より安全な治療オプションに成り得、いくつかの動物実験が、この種の抽出物が、認知力を向上できることを示唆していて、さらに、発酵が一部の自然製品の生物活性を高めてくれます。そこで、リム氏と同僚等は、さまざまな活性化合物が詰まったブルーベリーで作った酢が、認知機能の衰退を予防する働きを持つかどうかをテストしたいと思ったというわけです。

ブルーベリー酢の認知症への効能

To carry out their experiment, the researchers administered blueberry vinegar to mice with induced amnesia. Measurements of molecules in their brains showed that the vinegar reduced the breakdown of acetylcholine and boosted levels of brain-derived neurotrophic factor, a protein associated with maintaining and creating healthy neurons. To test how the treatment affected cognition, the researchers analyzed the animals’ performance in mazes and an avoidance test, in which the mice would receive a low-intensity shock in one of two chambers. The treated rodents showed improved performance in both of these tests, suggesting that the fermented product improved short-term memory. Thus, although further testing is needed, the researchers say that blueberry vinegar could potentially be a promising food to help treat amnesia and cognitive decline related to aging.

実験実行にあたり、研究者達は、健忘症誘発マウスにブルーベリー酢を投与しました。ネズミの脳の分子測定が、その酢が、アセチルコリン分解を減少させて、健康的なニューロンの維持生成と関連死ているタンパク質である、脳由来神経栄養因子のレベルを高めてくれることを示しました。その治療法が、どのように認知機能に影響を与えるのかを試験するために、2つの部屋の1つで軽いショックを受ける、迷路・回避テストの成績を分析しました。酢を与えられたネズミは、これらのテストの両方で良好な成績を示し、ブルーベリー酢が、短期記憶を改善することを示唆しています。従って、さらなるテストが必要ですが、ブルーベリー酢が、老化に伴う健忘症と認知衰退を治療する働きをする有望食品である可能性が高いと、研究者達は述べています。

本物のブルーベリー酢はメチャクチャ高いので、庶民には高嶺の花です。結局は、金持ちしか恩恵に預かれないということになります。これが、資本社会の悲しい現実なのです。

スポンサーリンク

フォローする