Weighing whether to can Rosensteinのcanの意味

ニュースサイトを見ていたらこんな記事”Weighing whether to can Rosenstein, Trump tuned in TV hosts“が目に飛び込んだ。一見何の意味か分からなかった。というのも、canを助動詞のcanと勘違いしていたからだ。cannedのcanであることに気付き、あぁ、そういうことねと、記事のタイトルが何を言っているのか理解できた。

助動詞のcan以外に動詞のcanには、缶詰にする、解雇する、やめる、と言った意味があり、つまり、”Weighing whether to can Rosenstein, Trump tuned in TV hosts”は、「Deputy Attorney General Rod Rosenstein(ロッド・ローゼンスタイン司法副長官を解雇するかどうかを検討するために、トランプ大統領はテレビのホストの話に耳を傾けた。」のような意味になる。トランプ大統領のお気に入りのFox News Channel(フォックスニュースチャンネル)ホスト、Laura Ingraham(ローラ・イングラハム)、Sean Hannity(ショーン・ハニティー)、Jeanine Pirro(ジニーン・ピロー)等の、ローゼンスタインの処遇を巡る意見を拝聴していたようだ。

個人的には、ローゼンスタインを任命すべきではなかったと思うし、トランプ大統領にローゼンスタインを司法副長官に推奨した人間を即刻解雇すべきだろう。ローゼンスタインはトランプと犬猿の中のジョージ・ブッシュの息が掛かった人間だし、そもそも、ブッシュ家と関係のある人間が、トランプ政権にいる意味が分からない。どう考えても奴等は獅子身中の虫だろう。

canと言うと、日本では缶だよな。缶のことをキャンという人もいる。空きキャンとか、キャンコーヒーとか。缶をキャンと言う人間に対して、キャンキャンうるさいと言ったことがある。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク