映画「万引き家族」論評のon the up and upの意味

是枝裕和監督の「万引き家族」についてのこの映画評”A Japanese Cinematic Masterpiece About Life on the Margins“を読んでいたら、”Something isn’t on the up and up about the Shibata tribe”という一節があり、この中のイディオムon the up and upの部分が分からなかったので意味を調べてみた。

on the up and up = (米)誠実(正直)である。信頼できる。(英)上向きで。上り調子で。というような意味になっていた。なので、”Something isn’t on the up and up about the Shibata tribe”は「柴田一家はどこかおかしい。」みたいな意味になると思われる。There is something wrong with the Shibata tribe”でも同じような意味になるだろうと思われる。最初にこのフレーズを見た時、柴田家はアップアップしていないと訳し、柴田家は上手くいってるんだなーと考えた。

この映画は見ていないが、IMDB(Manbiki kazoku (2018))でもかなりの高評価を得ている。先月お亡くなりになった樹木希林さんも出演されているようだ。来年の第91回アカデミー賞外国語映画賞受賞はほぼ決定的だろうと思われる。万引きで思い出したのが、ぶどう一粒(Ⅰ房ではない)盗んで捕まったお爺さんの事件だ(「ぶどう1粒で逮捕」のニュースは、もっと背景の報道を)。たかが葡萄ひと粒で逮捕とかアホかよと思うが、コメント欄を見てみると色々な意見があり、事件の真相が分からないので、無責任なコメントは控えた方が良さそうだが、もし貧困に起因しているなら、さしずめ、怒りの葡萄(grapes of wrath)といったところか。

スポンサーリンク