Trump locked horns withのlocked horn withの意味

記事タイトル”‘I’M PRESIDENT, YOU’RE NOT’ Donald Trump snaps at CBS interviewer Lesley Stahl as she probes him on Brett Kavanaugh and Russian meddling“を読んでいたら、”Trump locked horns with a CBS host during a heated TV interview”という一節があった。この英文中のlocked horns withの意味が分からなかったのでこのサイトで調べてみた。

lock horns (with somebody) = (<人>と)言い争う, もめる、<スポーツチームが>(<相手>と)激突する

この意味を問題の英文に当てはめると、「トランプ大統領は、CBSの60 Minutesの白熱したテレビインタビューの中で、ホストであるLesley Stahl(レスリー・ストール)と激しい議論を戦わせた。」といったような訳になる。

He said: “There have to be consequences, Lesley, for coming into our country illegally.”

Trump blamed himself for attracting illegal immigrants by making the US economy so strong.

「トランプ大統領は、”レスリー、我々の国に不法にノコノコやってくる不逞の輩達に対しては、世の中の厳しさを徹底的に教えてやらないとダメなんだよ、舐めたことをやったら酷い報いを受けるぞってね。”と言い、オバマ政権化のグダグダな弱体経済を強靭にした自らの天才的な経済政策のせいで、不法移民を無駄に増やしてしまったことに自戒の念を込めて語った。」

アメリカ経済は、オワコン日本のfake economic boom(政府・日銀による株価操作・為替操作・指標操作・金利操作によるフェイク好景気)と違って正真正銘の好景気を謳歌している。景気が良すぎて中央銀行が利上げしまくっているので、トランプ大統領が景気に水を差すような馬鹿な真似は止めろと激怒している。Fedの利上げによりドル独歩高状態になり、新興国はドル建て債務の利払い激増で四苦八苦、さらに原油高が追い打ちをかけている状態だ。ドル高・原油高が世界経済にかなりの悪影響を与えていることは言うまでもあるまい。

スポンサーリンク