トランプ大統領は不法移民キャラバンを止められるのか?

トランプ大統領の怒りが頂点に達しているようだ。というのも、11月の中間選挙と時を同じくして、日々増殖を続ける不法移民キャラバンが米国目指して、ガテマラ、メキシコ領内を、無人の野を行くが如く進軍を続けているからだ。トランプ大統領は既に、グアテマラやホンジュラスに対して、キャラバンを今すぐ止めないと援助を停止すると脅しをかけたが効果がなかったようで(Trump threatens to cut aid to El Salvador, Guatemala, and Honduras over migrants)、今度はメキシコに対して、キャラバンを止めないと南部国境地帯に軍隊を展開させると脅しをかけている(Trump threatens military action if Mexico doesn’t stop immigration ‘onslaught’)。さらに、メキシコに対して新NAFTAを白紙に戻すと脅しを掛けている(President Trump Threatens to End Mexico Trade Deal Over Migrant Caravan Headed for U.S.)。

トランプ大統領がリベラルメディアに負けて、親子を別々に収容する政策を止めて以来、不法移民の数が激増している(Washington Post: September was highest month on record for Border Patrol arrests of family members)。国境の壁建設もほぼ絶望的な状況で、不法移民に対しても弱腰なトランプ大統領に対して、不法移民排除を信じて投票した多くのトランプ支持者達が、トランプ大統領を見限り始めているのも事実で、そのことが、下院で共和党が敗れる原因の一つにもなっていると見られている。

スポンサーリンク