フロリダで捕まったfake bomberが共和党支持者の訳がない

フロリダで一連の偽爆弾をあっちこっちに送っていた容疑者が捕まった。初期の情報では、容疑者の車にトランプ大統領支持を伺わせるステッカーが貼られていたようで、ネット上では蜂の巣をつついたような騒ぎになっている。リベラル達は、やはり犯人は、far-right-wingnutだったとトランプ大統領を非難し、トランプ支持者達は、Good-by Red Tsunamiと言って嘆いている。しかし、トランプ支持者がこの大事な時期にこんな馬鹿げたことをするとはとても考えにくい。容疑者が本当にトランプ大統領支持者だったとしたら、これは歴史に残るpolitical suicideと言えるだろう。換言すれば、今回の爆弾騒ぎの犯人がトランプ支持者だった場合、犯人の行動は自軍への神風アタックということになる。

とにかく、今は捕まった容疑者がTrumperではないことを祈るしかない。仮に万が一にもTrumperだとしたら、誤認逮捕であることを祈るしかない。まじで勘弁してもらいたい。この超重要な時期にふざけんな!としか言えない。あまりのショックで茫然自失の状態だ。これで上院まで失うことがあったら、トランプ政権終焉は早まる可能性さえあるのだ。本当に酷い、あまりにも酷すぎる自爆オクトーバーサプライズだ。