media grapples with America’s hateのgrapple withの意味

この記事”As rhetoric becomes reality, the media grapples with America’s hate“のタイトルのgrapples withの意味を調べてみた。

grapple with = 〜に(対処する、取り組む、立ち向かう)、〜と格闘する

以上のことを踏まえると上述の英文は以下のように訳せる。

”As rhetoric becomes reality, the media grapples with America’s hate.”
(フェイクパイプ爆弾等の事件の発生で)、(トランプヘイターメディアが垂れ流すヘイト)レトリックが現実と化し、(国賊民主党のプロパガンダマシーンのフェイクニュース)メディアはアメリカのヘイトに取り組む。

テメー達が24/7で垂れ流し続ける、トランプ政権、共和党、共和党支持者へのヘイトがヘイトを生み出す構図に全く気付かない馬鹿がアメリカのfar left hate spewing wacko fake news madia(極左ヘイト拡散マジキチフェイクニュースメディア)だ。てめー達のトランプ大統領への目に余るヘイトはガン無視で、保守派のloony liberalsに対する批判だけに焦点を当て、アメリカのヘイト問題がさも保守派だけの問題であるかのように姑息な情報操作を行っている。

この記事では、ナチリベラルお得意のフォックスニュースのスポンサーに対するボイコットを扇動している。ナチリベラルは本当に言論弾圧が大好きなようだ。自分達の気に入らない真実を語られるとまずいのだろう。例えば、フェイクニュースメディアは、不法移民キャラバンが善良な不法移民だけで構成されていると大嘘を付いているが、真実は、フォックスニュースやトランプ政権が言うように、メンバーの中には凶悪犯やギャングメンバーが含まれている。リベラル達は、そんなのはほんの数人だから問題ないと嘯くが、近い将来その不法移民の犠牲者になるだろう被害者やその家族にとってはたまったもんじゃない。リベラルは、自分達や自分達の家族さえ無事なら、他の同胞アメリカ人がどうなろうと知ったこっちゃないんだろう。自国の貧民より他国の貧民を気遣う馬鹿達だから仕方ない。

スポンサーリンク