低所得者層ほど肥満体型になりやすい傾向があるとかないとか

常識的に考えれば、低所得者層ほどエンゲル係数が高いので、食費にそんなに可処分所得を回せない。つまり、食うにも困る状態のはずなので自ずと痩せるはずである。さらに、低所得者は、世間一般的に、食事も惜しんで一日中働き詰めのはずなので、痩せていないとおかしいとも言えるだろう。

この記事”Relationship between low income and obesity is relatively new, says study“の趣旨は以下の一文に集約されている。

“The fact that rich people are now the skinny ones is the opposite to what has been true in most cultures for most of the time,” he said.

「金持ちほど痩せているという事実は、通常、ほとんどの文化で真実であること(金持ちほどデブ)と逆を行っている。」

金持ちほどデブ、貧乏人ほど痩せというのは当然で、飢饉で苦しんでいる国を見れば、庶民はガリガリに痩せているのに、指導層にデブが多いことを見れば一目瞭然だ。しかし、先進国を見ると、富裕層だからと言って必ずしもデブが多いとは限らないのが事実だ。健康的な生活を送っているから富裕層とも言えるだろうし、食っちゃ寝の怠け者だからデブで底辺に喘いでいるとも言えるのではないだろうか。先進国の場合、社会的地位に関係なく、手間暇かければ安価で健康的な料理はいくらでも作れる。怠惰な人間は、手間暇を惜しんで、そのまま食べられるジャンクフードやファストフードを食べる傾向が高い、さらに、怠惰故にあまり動かないのでデブるというのが正解で、金が無いからというのは言い訳でしかない。特に、アメリカは日本より物価が安い上に、低所得者層にはさまざまなセーフティーネットが用意されているので、経済的な理由を肥満と結びつけるのは無理が有りすぎる。

実際には、この記事では、過去のhigh-fructose corn syrup(異性化糖)の乱用が現在のobesity epidemic(肥満の蔓延)の原因としている。異性化糖というのはブドウ糖果糖液糖のことで、日本の食品にも広く使われている添加物だ。日本でも添加物だらけの食品は安く、無添加・天然を謳った食品は高額なことが多いので、この点から見れば食の経済格差はあるのかもしれない。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク