子供の虐待:虐待された子供は自殺リスクが2〜5倍に上昇する

日本の場合、学校での暴力教師・変態教師による児童虐待(主に性的虐待)は日常茶飯事的に起きているが、それが日本の若者の自殺率を押し上げている可能性が専門家によって指摘されている。日本のお家芸である女子中高生の援助交際も、小中学校での公務員教師による教え子に対する性犯罪が原因になっていると各方面の専門家から指摘されている。一番皮肉なのは、公務員教師によるおぞましい性犯罪が原因で援交に走った女子中高生を買い漁っているのも公務員教師という現実だ。庶民の血税で性犯罪者を養っているようなもんで、本当に酷い話である。

この記事”Child abuse linked to risk of suicide in later life“に以下の一節ある。

Children who experience physical, sexual, and emotional abuse or neglect are at least two to three times more likely to attempt suicide in later life, according to the largest research review carried out of the topic.

「身体的・性的虐待や情緒的虐待、または、ネグレクト(放置)を経験した子供達は、その後の人生において自殺の可能性が少なくとも2〜3倍増すことが、そのトピックについてのこれまでで最大規模の研究レビューによって判明した。」

記事によると、幼少期に受けた性的虐待はその後の人生における自殺リスクを3倍、身体的虐待は2.5倍、感情的虐待やネグレクトは2.5倍、複数の虐待を経験すると5倍に上昇させるそうだ。3人に1人の成人が何らかの虐待を経験しているとも書かれているが、日本だと幼稚園、保育園、学校における虐待が圧倒的に多いだろう。変態保育士、変態教師の餌食になる子供達のことを思うと胸が痛む。公務員による子供への犯罪に対して処分が大甘のこの国は、将来的に心を病んだ人間で埋め尽くされるだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク