いじめは社会に有害な反社会的行為であることを知れ

この記事”Bullying evolves with age and proves difficult to escape from“にいじめは反社会行為であると書かれている。

スポンサーリンク

いじめは社会悪

Bullying is a harmful antisocial behavior present in schools all over the world. Involvement in bullying, as either perpetrators or victims, have serious short-term and long-term consequences for all the members of the school community, family and society in general, causing future problems related to depression and difficulty with social relationships. Moreover, studies on bullying link it to drug use and even offending.

「いじめは、世界中の学校に存在する有害な反社会的行為である。いじめっ子やいじめられっ子としていじめに関わることは、学校関係者、家族、一般社会の全メンバーに深刻な短・長期的影響を及ぼし、うつ病・社会関係障害に関連した将来的な問題を引き起こす。また、いじめに関する数々の研究が、いじめと薬物使用、さらには犯罪とさえも関連付けている。」

いじめは絶対悪

例えば、いじめによる自殺は、当事者だけではなく、学校関係者や家族にも深刻な影響を及ぼす。社会全体に与える影響も深刻だ。いじめは反社会的行為として糾弾されなければならないし、4歳〜8歳までに、保育園、幼稚園、学校で徹底的にいじめ=絶対悪という道徳教育を行う必要がある。しかし、世の中には糞みたいな親が腐るほどいるので、道徳教育などは焼け石に水だという声もある。腐り切って腐敗臭のする大人たちが、純真無垢の子供達を腐らせてしまう、いわゆる腐ったみかんの法則というやつで、学校で腐る前に、既に家で腐り切ってしまっていると言うわけである。海原雄山氏はかつて、「馬鹿どもに車を与えるな」と言ったが、「馬鹿どもに子供を作らせるな」とも言いたかったのではないだろうか。馬鹿が車や子供を持つとろくなことにならないという戒めである。

スポンサーリンク

フォローする