貧困で家族も持てないアメリカ人が不法移民家族を養うという矛盾

アメリカでは不法移民問題が深刻化している。2020年の大統領選で最も重要視されているのが、他ならぬこの不法移民問題となっている。2018年の米中間選挙においては、医療保険制度問題が一番の争点だったが、2020年は医療保険制度問題以上に、不法移民問題が争点になると目されている。

スポンサーリンク

自国民無視で不法移民優遇のリベラル思考

深刻な貧困が原因で、結婚したくても結婚できない若年アメリカ人が腐るほどいる一方で、不法移民家族が経済的豊かさを求めてアメリカに津波の如く押し寄せている。リベラルメディアは、アメリカはこういった不法移民の面倒を義務を負っていると言っているが、アメリカには100万人を超えるホームレスが存在し、その多くが戦場で精神を病んだ退役軍人だと言われている。国のために命がけで戦った自国民を放置する一方で、不法移民に対しては人道的に扱わなくてはならないと今回5000億円もの緊急支援法案を成立させた。そのお金があれば多くのアメリカ人を救うことができるだろう。トランプ大統領もその法案に署名しているのでリベラルと同じ穴の狢なのだが、その一方で、不法移民共は待遇が気に入らないなら来るなと意味不明なツイートをしている。トランプほど言動が不一致している人間はいないだろうと、トランプ支持者からも揶揄されている始末である。トランプが不法移民問題で無能ぶりを露呈しているボーナスステージで、リベラルはリベラルで、不法移民にも医療保険制度を適用とかキチガイじみたことを公約にしているので、トランプにとってはまさに渡りに船と言えるだろう。2020年の大統領選は、無能とキチガイのどちらを大統領にするかの戦いになっている。

他国の子供よりも自国の若者を支援しろ

フォックスニュースのタッカー・カールソン氏は、他国の子供よりも自国の若者を支援しろ!と強く訴え続けているが、その声に耳を貸す政治家はアメリカには1人も存在しない。カールソン氏は、「この国には子供を持ちたくても持たない若者達で溢れている。そういった若者を政治が救済することで少子化問題は解決されるはずだ。」と言っている。しかし、アメリカ政府と議会がやっていることは、アメリカの貧困若年層の救済ではなく、不法移民家族の救済に全身全霊を注いでいるという有様だ。いい歳して家族も持てない多くの白人男性達が、前途を悲観して自殺や薬に走っている。そういった自国民の悲惨な現状はガン無視で、不法移民に対する扱いが悪いと全米のメディアが猛烈にトランプ政権を批判しまくっている。アメリカ人ホームレスや貧困若者がどうなろうが知ったこっちゃないが、貧困に喘ぐ不法移民家族は全力で救済しなければならないというのが今のアメリカの日常となっている。低収入が原因で女に相手にされず結婚を諦めたアメリカ人が、子供を産んでも貧しくて育てられずにアメリカに不法移民としてやってくる家族の面倒を見る、これ程の皮肉があるだろうか。