punch up their last linesのpunch upの意味を推測する

この記事”Storytelling bots learn to punch up their last lines”のタイトルに含まれるpunch upの意味を考察してみる。

スポンサーリンク

punch upの意味

punch upの意味は以下の一文にヒントがあるように思われる。

Nothing disappoints quite like a good story with a lousy finish

「エンディングがお粗末な良い物語ほど、人をがっかりさせるものはない。」

タイトルのpunch up their last linesは、(話、物語)のエンディングをpunch upするという意味なので、ヒントを踏まえれば、punch upは、人をがっかりさせないエンディングに仕上げるというような意味になるはずである。記事を読み進むと、従来のStorytelling bots (話語りボット)は、物語のエンディングが非常に陳腐でつまらないので、新しいボットにはエンディングを少しでも面白くするようなアルゴリズムを組み込む必要があると言っているので、そのような訳で問題がないと言えるだろう。

punch upの辞書的な意味

一応、punch upの意味をググってみた結果、このサイトに以下のように記されていた。

To something more dynamic, interesting, exciting, lively, etc. A noun or pronoun can be used between “punch” and “up.”

「物語などを人がより楽しめるようにすること。punchとupの間に名詞や代名詞を挟んで使用可」

この意味が、上のpunch upと同じであることが分かる。

To make jokes at the expense of a person or group that is in a stronger social, political, or economic position relative to oneself.

「自分より社会的お偉いさんを面白おかしく茶化すこと。」

これは、例えば、コメディアンが、「トランプが大統領に就任して以来ニューヨークの治安が良くなっているらしい。」という話の落ちとして「トランプ犯罪者一家がニューヨークからワシントンDCに引っ越したからだ。」と言うことを意味している。ジョークのオチの事をpunch lineと言うことも覚えておくといいかもしれない。

punch upには、タイプライターやコンピューターで、(手紙などを書くために)キー入力するといった意味や、レジや計算機に数字を登録するといった意味もある。その他にも、けんか、殴り合いといった意味もある。