false accusationとeducated guessの違いを考察する

この記事”Trump escalates immigration rhetoric at rally to boost Cruz“を読んでいたら以下の一節があった。

President Donald Trump escalated his immigration rhetoric at a midterm rally in Texas on Monday, falsely accusing Democrats of “encouraging millions of illegal aliens to break our laws, violate our borders and overwhelm our nation.”

「トランプ大統領は、月曜にテキサス州(ヒューストン)で行われた(テッド・クルーズ上院議員の応援)演説で、(不法)移民への口撃を強め、不当に民主党が何百万の不法移民達に対し、米国の法律を無視し、国境を侵して国内になだれ込むように仕向けていると批判した。」
リベラルメディアは、トランプ大統領のこの発言を”false accusation”「根も葉もない言い掛かり」として一蹴しているが、このトランプ大統領の発言は、”false allegation”「虚偽の主張」ではなく、educated guess「教育的背景と経験則に基づく推測」と言った方が正しい。民主党が不法移民をアメリカ人以上に擁護しているのは事実だし、聖域都市を作り出して不法移民を保護しているのも事実、さらに、不法移民に運転免許証を交付したり、公務員として採用しているのも事実。民主党は、不法移民を徹底的に保護し、さらにその不法移民に違法に投票させている犯罪者集団というか国賊・売国奴集団である。

リベラルが言う”false accusation”, “false allegation”とは、Christine Blasey FordがBrett Kavanaughに対して行ったことを指す。何一つ証拠もないのに、36年前の高校生の頃の出来事を持ち出して相手を非難する行為こそが、正真正銘の”false allegation”である。今回のトランプ大統領の民主党に対する正当な告発は、余程の馬鹿でも無い限りちょっと考えれば真実であることは簡単に分かる”educated guess”であることは言うまでもない。”If it looks like a duck, swims like a duck, and quacks like a duck, then it probably is a duck.”「あひるのように振る舞えばそれは恐らくアヒルである。」と一緒で、犯罪者である不法移民を徹底的に庇う悪行の数々が、民主党が、ジョージ・ソロス等のstinking rich(大富豪)達の資金を元手に、不法移民が米国内に侵攻するように仕向けていると疑われるのも至極当然ということだ。

スポンサーリンク