ストレス解消には睡眠が一番!辛いことは時間に解決してもらおう

多くの人は、1日に何回かは精神的に不快な思いをします。その精神的ダメージを引きずる人もいるでしょう。そのような精神的ストレスはさまざまな病気を引き起こす可能性があるので、日々のストレス解消が非常に重要になってくるのですが、今回新たに発表された研究が、睡眠が精神的ストレスを解消してくれることを立証しています。

スポンサーリンク

熟睡が不安を和らげる

Stressed to the max? Deep sleep can rewire the anxious brain

When it comes to managing anxiety disorders, William Shakespeare’s Macbeth had it right when he referred to sleep as the “balm of hurt minds.” While a full night of slumber stabilizes emotions, a sleepless night can trigger up to a 30% rise in anxiety levels, according to new research from the University of California, Berkeley.

不安障害の管理に関して言えば、ウィリアムシェークスピアのマクベスが、睡眠を「傷ついた心の鎮静薬」と称したのは言い得て妙でした。 カリフォルニア大学バークレー校の新しい研究が、一晩の熟睡が感情を安定させる一方で、一晩の不眠が不安レベルを最大30%上昇させる可能性があることを示しています。

ストレス解消は睡眠が最も手軽な手段であるようです。お金もかからないし、無駄な時間を使う必要が一切ないので、これ程コスパ最強のストレス解消法は無いだろうと思われます。昔から、“世の中に寝るより楽はなかりけり。浮世のバカは起きて働く”と言われているように、例えば、学校や会社で酷い虐めを受けているような場合は、学校や会社を休んで、ひたすら寝て傷付いた心を癒やすのがいいでしょう。

スポンサーリンク

ノンレム睡眠がより効果的

UC Berkeley researchers have found that the type of sleep most apt to calm and reset the anxious brain is deep sleep, also known as non-rapid eye movement (NREM) slow-wave sleep, a state in which neural oscillations become highly synchronized, and heart rates and blood pressure drop.

カリフォルニア大学バークレイ校の研究者達は、不安な脳を落ち着かせてリセットするのに最も適した睡眠のタイプは、神経振動が高度に同期化され、心拍数と血圧が低下する状態である、非急速眼球運動徐波睡眠(ノンレム睡眠)の別名でも知られる深い睡眠であることを発見しました。

深い眠りを意味するノンレム睡眠が良いみたいです。とにかく、寝ていれば自然と熟睡モードに入るので、ベッドや布団で寝ていることが重要です。寝る子は育つと言われるように、未成年は特に睡眠が大事なので、いっぱい寝て嫌なことを忘れましょう。どんなに辛いことがあったとしても、ひたすら寝て嫌なことを忘れて、最終的には時間が解決してくれるので、くよくよせずに明るい未来を思い描いて過ごしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする