漫画・アニメ一覧

NO IMAGE

めぞん一刻で響子さんは何故三鷹を振って地雷(五代)を踏んだのか?

音無響子は、三鷹瞬という、実家が名家で、料理が得意な、高学歴超イケメンスポーツマン好青年を、何故振ってしまったのか?普通なら有り得ないのですが、そこが、このラブコメ漫画の大金字塔を面白くしている所以でもあります。三鷹さんと結婚していれば、響子さんは、一生安泰で、贅沢で派手な生活を送れていたはずです。管理人さんは、何故

記事を読む

NO IMAGE

涙腺崩壊:アニメ「フランダースの犬」最終回を見ると何故泣くのか?

久しぶりに最終回を見ましたが、やっぱり泣いてしまいます。何十回も見ている最終回をちょい見しただけで何故泣いてしまうのか?これは、もはや、パブロフの犬のように、条件反射化してしまっているとしか言えません。パブロフの犬が、ベルの音色を聞くと、唾液が溢れ出してしまうように、フランダースの犬のラストシーンを見ると、涙が溢れ出て

記事を読む

NO IMAGE

懐かしドラマ:花王愛の劇場のわが子よシリーズと母さんと呼びたい

TBSの花王愛の劇場でやっていたわが子よ(と母さんと呼びたい)は、伝説的な昼ドラの天までとどけと双璧をなす感動の名作です。母さんと呼びたいは、今から30年前の作品なので、放送当時子供だった人達も、今は30代後半~50近いおっさんおばさんになっています。人間は40代になると、やたらと過去が懐かしくなると言われていますが

記事を読む

NO IMAGE

アニメThe Simpsons(ザ・シンプソンズ)のベストエピソード(神回)

The Simpsons(ザ・シンプソンズ)は、1989年にスタートして、少なくとも、2019年まで継続されることが既に決定しているので、30年(シーズン30)続くことになります。ドラえもんやサザエさん等の超長寿アニメ番組が複数存在する日本と違って、アメリカでは異例の長寿アニメ番組になっています。本来は、シーズン25を

記事を読む

NO IMAGE

【祝】日本で無名の意外と面白い米テレビ番組【新ツイン・ピークス】

カルト的大ヒットを記録したTwin Peaks(ツイン・ピークス)の新シーズン(シーズン3)がいつの間にか始まっていました。なんと25年ぶりの新作らしいので、知った時は「まじかよ!」と叫んでしまいました。1992年に公開された、Twin Peaks: Fire Walk with Meが、ツイン・ピークスの最後の締め

記事を読む

NO IMAGE

【子供の貧困】漫画ブームの終焉?週刊少年誌が売れない!【少子化】

少年ジャンプと言えば、かつては発行部数600万部を誇っていましたが、その頃は、まじかる☆タルるートくん、こち亀、ジャングルの王者ターちゃん、ドラゴンボール、ジョジョの奇妙な冒険、電影少女、幽遊白書、ろくでなしブルース、スラムダンクなんかが隆盛を極めていましたが、過去には、Dr.スランプ(あられちゃん)、キン肉マン等の

記事を読む

NO IMAGE

漫画(アニメ)は何でこうも凋落してしまったのか

漫画やアニメが終わってると聞くようになって久しいですが、ここまでの凋落っぷりはちょっと有り得ないような気がします。何故こうなってしまったのか?若年人口激減による才能の枯渇もあるんでしょうが、人数だけではなく、質の方まで落ちてしまっている可能性があると囁かれています。

記事を読む

NO IMAGE

新海誠氏とジブリの最新作アニメ映画が今月と来月公開!

新海誠氏と言えば、秒速5センチメートルがあまりにも有名な名作なわけですが、氏の期待の最新作アニメ「君の名は。」が今月26日に封切られます。さらに来月には、ジブリの期待の長編大作「レッドタートル ある島の物語」が公開されます。

記事を読む

NO IMAGE

12年ぶりに復活したゴジラ(シン・ゴジラ)が凄いらしい

12年の沈黙を破って先月29日に公開されたシン・ゴジラが凄い人気のようです。公開2週目にして、観客動員数は既に100万人を突破、興行収入も20億円を突破、興収50億も射程圏内らしいです。名探偵コナンの純黒の悪夢に匹敵する快挙と言えるのではないでしょうか。

記事を読む

NO IMAGE

名探偵コナン20年間人気維持、興行収入60億、ガンダム世代は推理世代

今やガンダム世代がコナン人気を支えているとも言われています。名探偵コナンの記念すべき20作目となる映画「純黒の悪夢」の興行収入が遂に60億を突破しました。まさに大快挙です。名探偵コナンは今や国民的アニメの仲間入りを果たしたとも言えます。

記事を読む

Page 1 of 2
1 2
スポンサーリンク