恋愛・ラブコメ漫画の金字塔!高橋留美子のめぞん一刻の魅力に迫る

高橋留美子先生の最高傑作と言えば、うる星やつらかめぞん一刻と言われていますが、個人的にはめぞん一刻だと思っています。保育士(保父)の不祥事のニュースを見る度に、五代くんのことを思い出す人も多いかと思いますが、1・2の三四郎の東三四郎を思い出す人の方が多いかもしれません。五代や三四郎に憧れて保父になった人もいるはずです。私も三四郎に憧れてレスラーを目指した時期もありましたが、レスリング部のある高校に行けなかったので、敢え無く挫折した後に、タッチに影響されて野球部に入るも敢え無く挫折した経験があります。

懐かしドラマ:花王愛の劇場のわが子よシリーズと母さんと呼びたい
TBSの花王愛の劇場でやっていたわが子よ(と母さんと呼びたい)は、伝説的な昼ドラの天までとどけと双璧をなす感動の名作です。母さんと呼びたいは、今から30年前の作品なので、放送当時子供だった人達も、今は30代後半~50近いおっさんおばさんになっています。人間は40代になると、やたらと過去が懐かしくなると言われていますが
スポンサーリンク

一刻館というボロアパート

一刻館を見た時、船橋市海神にあったボロアパートにそっくりでビビった記憶があります。そのオンボロアパートは、海神駅から船橋方面へ向かう、子供の店PちゃんとQちゃんという駄菓子屋の先にあったのですが、確か矢作荘という名前だったと記憶していますが、あまり定かではありません。急坂の途中にあるところまでそっくりで、当時はここがモデルだろうと思ったものでしたが、実際には、めぞん一刻の舞台は、連載当時に高橋留美子先生が住まわれていた東久留米と練馬だと言われているので、船橋とか全然有り得ないんですけどね。

めぞん一刻で響子さんは何故三鷹を振って地雷(五代)を踏んだのか?
音無響子は、三鷹瞬という、実家が名家で、料理が得意な、高学歴超イケメンスポーツマン好青年を、何故振ってしまったのか?普通なら有り得ないのですが、そこが、このラブコメ漫画の大金字塔を面白くしている所以でもあります。三鷹さんと結婚していれば、響子さんは、一生安泰で、贅沢で派手な生活を送れていたはずです。管理人さんは、何故

海神というと、海神中という、略して海中と言われていた寄生虫のような名前の中学があったのですが(近くに蟯虫と呼ばれる中学もありました)、その中学校には飛ノ台遺跡という縄文時代の遺跡があって、洞穴とかがあったと伝えられています。あの周辺は田んぼと畑だらけで、近くの海神山には野うさぎや狸なんかもいたみたいです。話がすっかり脱線してしまいましたが、一刻館というボロアパートに、音無響子という美人管理人が赴任してきたことは、主人公の五代裕作にとっては奇跡としか言えません。実際には、あんな美味しい展開は絶対に有り得ません。

プリティ・ウーマンの悲惨なオリジナルエンディングに引いた
映画「Pretty Woman (プリティ・ウーマン)」と言えば、今はハリウッドの大女優となっているJulia Roberts (ジュリア・ロバーツ)の出世作であることは周知の事実であるが、あのハッピー・エンディングのお手本のような名作映画のオリジナルのエンディングは相当悲惨な内容なようです。
スポンサーリンク

めぞん一刻の魅力

めぞん一刻の魅力は、一言で言えば、バツイチ子無し美人管理人と、薄幸フツメン貧困浪人生の絶妙の組み合わせにあったと思われます。悲惨なアパート生活に耐えかねてアパートを出る決意をした五代が、管理人さんに出会った途端、一瞬にして決意を翻し、それから延々とグダグダの2人の疑似恋愛ごっこが始まり、その超グダグダ感と、主人公の有り得ないほどの運の無さ、優柔不断っぷりと、管理さんの有り得ないぐらいの鈍感・天然っぷりが、単調になり勝ちなこの手のラブコメ漫画に魅力を持たせています。

涙腺崩壊:アニメ「フランダースの犬」最終回を見ると何故泣くのか?
久しぶりに最終回を見ましたが、やっぱり泣いてしまいます。何十回も見ている最終回をちょい見しただけで何故泣いてしまうのか?これは、もはや、パブロフの犬のように、条件反射化してしまっているとしか言えません。パブロフの犬が、ベルの音色を聞くと、唾液が溢れ出してしまうように、フランダースの犬のラストシーンを見ると、涙が溢れ出て

管理人さんが、三鷹と五代を天秤に掛けている一方で、五代は、こずえちゃんをキープしていたとも言われていますが、実際は、優柔不断かつ優し過ぎて関係を断ち切れなかっただけです。五代くんの無垢の純真さと、バツイチ響子さんのしたたかさのコントラストが、見る人(少年読者)の心を惹き付けたのかもしれません。男心を手玉に取る嫉妬深い魔性の女と、その狡猾な女郎蜘蛛の張り巡らした蜘蛛の巣から抜け出せない、幸薄い哀れな主人公(浪人さん)が繰り広げる恋愛人間模様が、読者心をくすぐったことだけは確かでしょう。まさに奇跡の純愛漫画であると言えます。

戦後復興:明日のジョーの世界観と矢吹丈の人生観
スポ根漫画の最高傑作と言われる明日のジョーの連載が始まったのが、今から53年前の1967年12月でした。1964年に開催された東京オリンピックから3年後で、この頃の日本は奇跡の戦後復興を果たし、1965年11月から始まったいざなぎ景気により、1968年には西ドイツを抜いて世界第2位の経済大国にまで登り詰めたのです。
スポンサーリンク

五代裕作の生き方

浪人して三流大学(Fラン大)の教育学部に入学し、管理人の義父のコネで押し込んでもらった教育実習先(響子さんの母校)で知り合った八神とかいう小娘に好意を持たれ、そのコネで一流企業に入社できると思ったのも束の間、不運の連鎖で悲惨な人生に陥ってしまうのですが、大学時代の友人から紹介されたバイトのおかげで天職を見付け、その天職である保父を目指して一念発起、ライバル三鷹との管理人さん争奪戦にも勝利し、見事に思いを全うします。

【祝】日本で無名の意外と面白い米テレビ番組【新ツイン・ピークス】
カルト的大ヒットを記録したTwin Peaks(ツイン・ピークス)の新シーズン(シーズン3)がいつの間にか始まっていました。なんと25年ぶりの新作らしいので、知った時は「まじかよ!」と叫んでしまいました。1992年に公開された、Twin Peaks: Fire Walk with Meが、ツイン・ピークスの最後の締め

大学を卒業してからの主人公の生き方は、平凡に生きていくことの難しさを。全ての読者に教えてくれています。連載当時のビッグコミックスピリッツを読んでいた頃は、主人公みたいにならないように勉強しようと思ったものですが、結局は、パソコン(ゲーム)やファミコン、漫画、アニメ、部活に遊びで忙しくて、勉強どころではありませんでした。気が付けば、主人公がいかに幸運だったのかを痛感させられています。紆余曲折はあっても、天職の保父になって無事に就職先も決まり、最終的に最愛の人と結ばれ子供を儲けるという幸せっぷりです。主人公みたいな悲惨な人生だけは絶対に送らないと心に誓っていましたが、あのような幸せな人生を送ることが如何に難しいことであるのかということを痛感させられました。

アニメThe Simpsons(ザ・シンプソンズ)のベストエピソード(神回)
The Simpsons(ザ・シンプソンズ)は、1989年にスタートして、少なくとも、2019年まで継続されることが既に決定しているので、30年(シーズン30)続くことになります。ドラえもんやサザエさん等の超長寿アニメ番組が複数存在する日本と違って、アメリカでは異例の長寿アニメ番組になっています。本来は、シーズン25を
スポンサーリンク
スポンサーリンク