NO IMAGE

教師の怠慢?親の躾の問題?性格?いじめは何故なくならないのか?

いじめ問題が深刻化しているみたいです。子供のイジメだけではなく、大人のいじめも社会的な大問題になっていますが、人は何故人をいじめるのでしょうか?弱肉強食の野生の社会なら、強いものが弱いものを支配・捕食するのは自然の摂理ですが、喧嘩最弱の貧弱もやし野郎でも、一国の首長になれる人間社会において、何故、いじめなどという野蛮な

記事を読む

NO IMAGE

家族関係が希薄化する今だからこそ問いたい家族とは一体何なのか?

我々は、自身に最も似通った人を助ける傾向が強いのか?社会神経科学者達は、被験者群に、機能的磁気共鳴画像を用いて彼等の脳機能を測定する間、映画My Sister's Keeper再編集版を見せ、深い思考を強力に促す倫理的ジレンマを与えることで、類似性が及ぼす影響について研究しています。

記事を読む

NO IMAGE

犬を飼うことで子供のアトピー性皮膚炎や喘息を防げるかもしれない

最近、犬を飼うことのメリットを調査する2つの研究が、米国アレルギー喘息免疫学会の年次総会で発表されました。最初の研究は、母親の妊娠中に犬を飼っていた家に生まれた乳児たちが、10歳までに保護効果は剥落するにせよ、アレルギー性湿疹(アトピー性皮膚炎)から保護されることを示しています。2番目の研究は、犬は、犬アレルギーがある

記事を読む

NO IMAGE

抗生物質の服用が稀に抗生剤性出血性大腸炎という副作用を引き起こす

感染症を患ったので病院へ行ったら抗生物質を処方され、薬を飲んだら血の混じった下痢便が出てきたなんてことが稀にあるようです。下痢便が血だらけだったら、真っ先に直腸がんを疑って、眼の前が真っ白になりそうですが、そんな経験はしたくないもんです。このめったにないにしても、非常に不快な副作用には、普通の腸内細菌によって産生される

記事を読む

NO IMAGE

食品汚染:まじでやばい!鉛で汚染された輸入キャンディーの恐怖

州法規定のテスト後、カリフォルニア州公衆衛生局(California Department of Public Health)は、他の上位3種の食品経由汚染源の合計よりも多い注意喚起を、キャンデーに含まれる鉛に対して出していることが、カリフォルニア大学サンフランシスコ校とカリフォルニア州公衆衛生局の研究者達による

記事を読む

NO IMAGE

自然に帰れ!子供を賢くしたかったら緑の多い環境で育てるべし!

緑地を含む自然環境は、子供の脳の発達に有益である可能性がありますが、まだ、十分な根拠は存在しません。過去のISGlobal研究が、既に、学校内や学校周辺の緑の空間が、7歳~10歳の子供の認知発達を高める可能性があることを示唆しています。今回の研究の中で、著者等は、誕生から子供の全自宅周囲の緑の影響を評価し、幼少期の認知

記事を読む

NO IMAGE

魅力の無い人は魅力的な人に比べ魅力の無い仕事に採用されやすい

ルックスが良い人達は、企業の採用プロセスでより優遇されると広く信じられている一方で、低賃金かつまらない仕事のような、魅力に乏しい仕事に応募するという話になると、美貌が障害に成り得る可能性があることを、American Psychological Association(米国心理学会)によって公表された研究が示しています

記事を読む

NO IMAGE

生活の知恵:リンゴの皮に付着した残留農薬を除去するにはあれが一番

リンゴの皮に付いた農薬やワックスは、シャツで拭ったり、手で擦ったりしたぐらいでは、簡単に取れないことは、リンゴを皮ごと食べる人間なら誰でも知っています。ただ単に、水道水を使ってゴシゴシ洗うだけではダメだったようです。これを知った時はかなり凹みました。果たして、皮にある栄養を食すべきなのか、農薬やワックスを回避するために

記事を読む

NO IMAGE

ドライクランベリーが腸健康を保つ腸内細菌叢の健全性維持に有効かも

ウィスコンシン大学マディソン校の研究者達は、毎日一握りの甘味を付けた乾燥クランベリーを食事に加えるだけで、腸内細菌叢に好影響を与えられるかどうかを評価しています。免疫力や病気に対抗する能力を含む、多くの生物学的機能が、健康的な腸内微生物叢に左右されることが、ここ最近明らかになっていることを踏まえ、統合生物学雑誌の

記事を読む

NO IMAGE

多くの人を救うために1人を犠牲にすることは人としてどうなのか?

大勢の歩行者を救うには、運転手を犠牲にするしか道はないという場合、人工知能が取るべき最良の行動は何か?これは非常に難しい問題で、人間が運転手の場合だと、自分が助かるために、緊急避難的に歩行者を犠牲にするかもしれませんが、倫理的には自分が犠牲になるべきでしょう。ほとんどの日本人は、運転すると人格が変わると言われているので

記事を読む

Page 5 of 127
1 3 4 5 6 7 127