In what is believed to be ~の訳し方

what is believed to be ~は、〜と信じられている[考えられている、見られる、思われる]もの[こと]といったような意味になりますが、これにinが付いた、In what is believed to be ~を、〜と考えられているもの[こと]において[の中で]のように訳すと何となく文がしっくり来ません。例えば、what is calledを直訳すれば、〜と呼ばれているもの[こと]と訳せますが、実際には、いわゆると訳されています。なので、そのような感じに訳せばよいのかどうかを調べてみました。

このサイトの以下の一節のIn what is believed to beを例にとって考察してみます。

In what is believed to be the most comprehensive analysis of adenosquamous cancer of the pancreas (ASCP), the Mayo Clinic and TGen team identified, in preclinical models, therapeutic targets for this extremely fast-moving and deadly form of pancreatic cancer, and identified already available cancer inhibitors originally designed for other types of cancer, according to a study published today in Cancer Research, a journal of the American Association for Cancer Research (AACR).

In what is believed to be the most comprehensive analysis of adenosquamous cancer of the pancreasを、グーグル翻訳のように、膵臓の腺扁平上皮癌の最も包括的な分析であると考えられているものにおいて、のように訳すと、考えられているもの、のものが邪魔なような気がしてなりません。

スポンサーリンク

このサイトに、In [what is believed to be] the most comprehensive analysis of adenosquamous cancer of the pancreas (ASCP),のように考えればいいと書かれているので、what is believed to beをwhat is calledのように扱った場合の訳し方としては、膵腺扁平上皮癌の最も包括[総合]的と思われる[みられる]分析の中で[において]程度に訳すのが適当かと思われます。

膵腺扁平上皮癌に関する最も包括的と思われる分析で、メイヨークリニックとトランスレーショナル・ゲノミクス研究所のチームは、前臨床モデルにおいて、この極めて進行が早く致命的な形態の膵臓がんの治療標的を同定し、また、もともと他の種類の癌のために作られた癌抑制剤[阻害剤]が既に利用可能であることも同定していることが、アメリカ癌学会機関紙のCancer Research誌に本日発表された研究論文に書かれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク