Iraq War: Not A Mistake, But A Holocaustic Crime イラク戦争はホロコースト

Iraq War: Not A Mistake, But A Holocaustic Crim

Authored by Ben Tansoborn,

Either our minds have softened in the United States, or our hearts have hardened way beyond the callous stage.  Or, likely both!

Just 13 years past his criminal decision to invade Iraq, George W. Bush is campaigning in South Carolina to get his younger brother, Jeb, in the White House.  A fitting payback by an illegitimate and unworthy former president to return Jeb’s intercession as Florida’s governor in America’s mishandling, comical if it hadn’t been for the eventual very tragic consequences, of the 2000 presidential election.  It might be worthwhile to remember that it was the US Supreme Court that basically decided to put George Bush, and not Al Gore, in the White House in a 5-4 decision eloquently, but incorrectly, authored by the just-deceased and widely admired justice, Antonin Scalia.

「我々アメリカ人の心が和らいだのか心が仮骨期をとっくに過ぎて固まったのか、あるいは恐らくその両方かもしれない。ブッシュの犯罪的イラク侵攻からちょうど13年が経ち、弟ジェブをホワイト・ハウスに送り込むべくサウスカロライナでジョージ・W・ブッシュが選挙運動をしている。違法・不正の元大統領による、悲惨な結末がなければ滑稽だったアメリカの不正な2000年大統領選挙でのフロリダ州知事としてのジェブの仲裁に報いるふさわしい見返りだ。アル・ゴアではなくジョージ・ブッシュを実際に大統領にしたのが、つい最近死去し、保守層から絶大な賞賛を受けたアントニン・スカリア判事によって雄弁かつ不正確に書かれた5-4判決だったのを思い出す事は価値があるかもしれない。」

Time and time again we, Americans, keep referring to the invasion of Iraq in 2003 as a mistake; almost in unanimity: Democrats and Republicans.  But it was not a mistake, not by a long shot!  It was a calculated, belligerent act by a government clique of elitist war-hawks, Bush-Junior and Dick Cheney at the top of the criminal heap.  Fortunately for these American leaders, and unfortunately for the rest of us, only leaders from nations vanquished are indicted and go to trial.  If the Axis had prevailed in World War II, and we were living in Hitler’s Millennium, there would not have been those Nuremberg Trials (1945-9), or the subsequent enactment of important, critical international law, such as the Universal Declaration of Human Rights (1948), or the Geneva Convention (1949).  No, no gallows for Bush and Cheney… only admiration from fools!

We, as a nation, need to stop calling Bush’s Iraq-deed a mistake, and stop minimizing the holocaustic repercussions of such idiotic, ill-conceived criminal behavior.  We should visit and revisit the consequences, if for no other reason than to learn or relearn; and keep George Santayana’s dictum alive: Those who cannot remember the past are condemned to repeat it.  And Bush’s decision was no venial sin, not just “a mistake”… and its disruptive consequences have proven to be grave and lasting.

「再三再四、我々アメリカ人は2003年のイラク侵攻を間違いと呼び続けている。民主党・共和党共ほぼ一致して。しかし、イラク侵攻は絶対に間違いなどではない。それは、ブッシュ・ジュニア、ディック・チェイニーを頂点とした犯罪者集団であるエリートタカ派達の政府派閥によって計算された戦争行為だった。これらアメリカの指導者層には幸運で、他の全てのアメリカ人にとって不運なのは、敗戦国家の指導者層だけが起訴されて裁判にかけられるという事です。もし枢軸国が第二次大戦で勝利し、我々がヒトラーの1000年王国で暮らしていたとしたら、ニュールンベルグ裁判(1945-9)や、それに続く決定的に重要な意味を持つ世界人権宣言(1948)、あるいはジュネーブ協定(1949)のような国際法の制定はなかったのです。ブッシュとチェイニーのための絞首台が絶対になくても、愚か者達からの賞賛だけはあります。我々は、国家として、ブッシュのイラクでの行為を間違いと呼ぶのを止める事と、そのような馬鹿げた見当違いな犯罪行為の破滅的影響の矮小化を止めなければならない。我々は、何度も過去を学ぶ事で、例えそれがジョージ・サンタヤーナの格言”過去を思い出せない者は過去を繰り返すよう運命づけられている”を生かし続ける以上の理由がないとしても、何度でもイラク侵攻の悲惨な結末について再考すべきなのです。それと、ブッシュの決断は決して小さな罪でもただの誤りでもなく、その決断の破壊的な影響は深刻で持続的である事が証明されています。」

US’ unnecessary and irrational post World War II meddling in the Middle East, helping the anachronistic Shah of Iran (1967-79) as the zenith of geopolitical stupidity, was only topped by lack of peripheral vision in international politics from a far from lucid George W. Bush… given credit by some (perhaps many) claiming “he kept Americans safe.”  Yes, George (Santayana, not Bush); stupidity reigns supreme and history, unfortunately, recycles in a circle in this United States of America.

Bush-43’s new mission of the sibling-type, the election of Brother-Jeb, just like the other mission, Iraq, is only likely to become accomplished once again atop an aircraft carrier, but not at the polls; people (a definite majority) have had it with the Bush brand.

「アメリカによる第二次大戦後の中東への不必要で不合理な干渉は、時代錯誤のイランのシャー王朝(1967-79)の援助を地政学的愚行の絶頂期として、国際政治において周辺視野に欠け、”アメリカ人の安全を守った”と主張する輩(たぶん多くの輩)に評価されている、頭脳明晰とは程遠いジョージ・W・ブッシュによってのみ上回れた。はい、ジョージ(サンタヤーナ、ブッシュじゃなく)、アメリカでは馬鹿が君臨し、歴史は不運にも輪になって再循環しています。弟ジェブを大統領にする兄ブッシュ43の新ミッションは、もう一方のミッション、イラク同様、選挙によってではなく、再度空母の上だけで達成されそうである。アメリカ国民(間違いなく大多数)はブッシュブランドにうんざりしている。」

And, that same resolve is beginning to take hold in the Democratic electorate with the Clinton name.  Hillary’s recitals of smartness-by-association with the likes of Obama, Henry Kissinger and Madeleine Albright may not bring her the credentials she is after.  After all, Kissinger’s policies can be directly associated with the death of countless millions of innocent civilians in Cambodia-Vietnam; while Albright’s conscience should weigh heavily with the death of hundreds of thousands of Iraqi children.

Just a side note for Donald Trump and his legion of birthers: Wouldn’t it make sense to advocate “purity” in US’ presidential succession, making sure that the top 5 positions in government (maybe more) are filled by natural born citizens?  The position of Secretary of State comes to mind as fourth in line (after the Vice President, the Speaker of the House, and the President pro-tempore of the Senate) which would have disqualified those two foreign born politicians, Henry Kissinger (Germany) and Madeleine Albright (Czech Republic) from becoming president.

Yes; Hillary Rodham Clinton, former First Lady, Senator and Secretary of State constantly invokes her extensive experience in affairs of state as strongly qualifying her for the White House; yet her vast experience follows for the most part decisions with bad judgment… bad experience which in my book is counterproductive to that required from a prospective good and effective leader.  Two superbly flawed American dynasties or dynasties-wannabe: Bush-es and Clinton-s; yet, most Americans hold admiration for one or the other when both probably deserve to be flushed down the historical toilet.

「そして、それと同じ決意がクリントンという名前に対し民主党有権者の間に根付き始めている。オバマ、ヘンリー・キッシンジャー、マデレーン・オルブライトのような人物と交際する知性というヒラリーの復唱は、彼女が求める信任状を彼女にもたらさないかもしれない。結局、キッシンジャーの政策はカンボディア・ベトナムの無数の何百万もの罪の無い一般市民の死に直接関連しているし、一方、オルブライトの良心は何十万というイラクの子供達の死を重く見るべきなのです。ちょっとドナルド・トランプと彼のバーサー軍団の為のサイドノート、政府のトップ5ポジション(たぶんもっと)がアメリカ生まれである事を念押しする事でアメリカ大統領の継承に純潔さを提唱する事は筋が通っていませんかね?二人の外国生まれの政治家のヘンリー・キッシンジャー(ドイツ)とマデレーン・オルブライト(チェコ共和国)から大統領になる資格を剥奪したであろう大統領継承権4位(副大統領、下院議長、一時的上院大統領の後)の国務大臣の地位が思い浮かびます。はい、元ファーストレディー・上院議員・国務大臣のヒラリー・ロダム・クリントンは、彼女がホワイトハウスに一番ふさわしい理由として、彼女の豊富な政務経験だとしきりに訴えます。けれども、彼女の膨大な経験の大部分は、誤った判断による決断が伴い、私見では、見込みある優秀・有能な指導者に要求される経験と逆効果の良くない経験です。二つの見事なまでに欠陥だらけのアメリカン・ダイナスティーズ(アメリカ王家)、あるいは、ダイナスティーズ・ワナビー:ブッシュ家とクリントン家;それにもかかわらず、両家共に恐らく歴史のトイレに洗い流されるに値するのに、ほとんどのアメリカ人がどちらか一方に敬意の念を抱いている。」

何を言ってるのかちんぷんかんぷんの感があるが、この人が言いたい事は、

  • ジョージ・W・ブッシュが7年以上の沈黙を破って選挙運動した事は、例え弟のためとは言え、アメリカ人のイラク戦争に対する意識が薄れているか、ブッシュに対する怒りが薄れているかのどっちかだからじゃないかと言っている。あるいはその両方。
  • 民主党員の間では、2000年大統領選挙はアル・ゴアが勝ち、ブッシュがフロリダ州知事だった弟の協力と連邦最高裁判決によってゴア勝利を盗んだ事になっている。
  • イラク戦争は間違いだったで済まそうとするアメリカ人がとにかく気に入らないらしい。ブッシュの死の商人達のためのイラク違法侵攻で100万人以上の何の罪もないイラクの人々がブッシュによって虐殺された過去は決して忘れてはならいと言っている。
  • イラクミッション時の空母上での”mission accomplished speech”のように、ジョージブッシュの弟を大統領にするというミッションも虚しいものとなるだろうと予想して、その通りに本日弟のジェブ・ブッシュはレースから撤退した。
  • ヒラリーがブッシュの違法なイラク侵略を支持した事は永久に許されないだろうし、ブッシュもクリントンもアメリカには百害あって一利なしの疫病神なのでさっさと表舞台から消えてほしい。ブッシュ一族が大統領を輩出する事は未来永劫ないだろう。

ブッシュ一族はアメリカにとっては悪夢としか言いようがないだろう。にもかかわらず、ジェブ・ブッシュが大統領候補として出馬した事は、アメリカの恥であると同時に、共和党のイラク戦争に対する認識が間違っているからであって、その事をトランプは討論会で徹底的に糾弾した。ブッシュとイラク戦争批判無しに共和党が大統領選に勝利する事は有り得ないと、トランプは言っているが、その通りだろう。かと言って、トランプのような卑劣極まりない人間が大統領になることは許されるべきでない。アメリカ国民は必ず穏健派に落ち着くはずである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする