ロシアンコネクション、国務長官にレックス・ティラーソン氏?

トランプ氏が、次期国務長官にエクソンモービルのレックス・ティラーソン最高経営責任者を指名したっぽいです。今回の人事は、トランプ氏のプーチン氏への熱い意思表示だと言われています。トランプ氏のプーチン氏への恩返しとも言われていますが、あまりにも露骨過ぎるので、かなり問題視されそうです。

CIAがロシアが大統領選に介入していると、9月に議会に報告していたそうで、オバマ氏と民主党議員は公にしたかったらしいのですが、ミッチ・マコーネル氏の独断で選挙前の公表は控えられたそうです(CIA Concludes Russia Interfered in U.S. Election to Help Trump Win)。その見返りで、氏の妻のイレーン・チャオ氏が運輸長官に指名されたと言われています。今回の選挙は、プーチン氏、コメイ氏、アサンジ氏が、トランプ氏を大統領にするためにタッグを組んだと、一部のリベラル達の間で実しやかに囁かれていますが、今回のCIAの一件で、その可能性がかなり高くなったと言えます。

スポンサーリンク

プーチン・トランプコネクション

トランプ氏はこのニュースに対して、CIAは全く信用できないと言っているらしいのですが(Donald Trump takes aim at US intelligence community on Russia)、トランプ氏の露骨なまでのプーチン支持が、トランプ氏とプーチン氏の間で何かしらの密約があったのではないかと勘繰っている陰謀論主義者も存在します。何れにしても、トランプ政権下で、アメリカとロシアが同盟関係を結ぶだろう事は想像に難くないし、米ロ同盟という新しい枠組みの中で世界がどうなっていくのかがかなり気掛かりな今日此の頃です。

今回のCIA関係者によるリーク(Anonymous Leaks to the WashPost About the CIA’s Russia Beliefs Are No Substitute for Evidence)をフェイクニュース扱いするトランプファンが多いですが、フォックスニュースがこのニュースを全く流さないことが、その証拠であると主張する保守層もいます。確かに、FNCがこのニュースを取り上げていないとしたら、信憑性に欠けるとも言えますが、フォックスニュースがトランプ氏のマウスピースと化している現状では、必ずしもそうだとは言えないという人もいます。

ティラーソン次期国務長官?

もし本当にレックス・ティラーソン氏が国務長官に指名されたとすれば、トランプ氏の対ロシア外交は完璧に親露路線を突き進むだろうと言われています。フォックスニュースはまだ確定はしてはいませんが、最有力候補だとだけ伝えているみたいです。MSNBCが先走ってしまっただけなのかもしれませんが、まだ確定的な情報ではないみたいです。

リベラルは今回の情報に、ジョン・ボルトン氏より全然ましだと言っています。その一方で、トランプファンは、ミット・ロムニー氏じゃなくて良かったと言っています。それにしても、ハゲタカ、バンカー、オイルマン、ミリタリー中心の組閣人事というのは如何なものかという批判も聞こえていますが、トランプ氏らしくて好感が持てるという意見もあり、良くも悪くもトランプ氏らしいとしか言えないみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする