トランプはヒトラーなのかを検証する Part1

‘The guy is Hitler’: Louis C.K. begs fans not to vote for Donald Trump

By Niraj Chokshi March 5 at 4:11 PM https://www.washingtonpost.com/

“Trump is not that. He’s an insane bigot. He is dangerous,” he said.「”トランプは保守主義でも何でもない。彼は偏狭で差別的です。彼は危険だ。”と彼は吐露した。」随分酷い事を言いいますね。

トランプは本当に一部のアメリカ人の間であまり好かれていません。恐らくここまで軽蔑されているアメリカ人はジョージ・W・ブッシュぐらいではないでしょうか。

Nihilism may explain Trump’s surge. And Louis C.K. gets that.

The whole field seems like “soft criminal opportunists,” he said. “The whole game feels rigged and it’s not going anywhere but down anymore. I feel that way sometimes.”「ニヒリズム(無政府主義運動)がトランプ台頭を説明しているかもしれない。そしてルイスはその事を理解している。競技者全てが”口のうまい犯罪的日和見主義者”のように見える、と彼は述べた。”全ての競技が八百長のように感じるし、もはや落ちる所が無い所まで落ちるしかない。私は時々そういう風に感じるのです。”」確かにトランプ台頭は腐り切った政治システムを破壊したいという大衆による無政府主義運動でもある。社会的弱者が縁故資本主義を合法的に打倒しようとしているという意味。

A vote for Trump is a way of sticking it to the system, he said. It’s also unhealthy.「トランプに投票する事がその体制に反抗する方法であるのと同様に危険な行為でもあるのです。」トランプ信者はトランプが独裁者になって現体制を木っ端微塵に粉砕する事を信じて止まないのですが、それはもっと酷い新体制樹立を意味するかもしれないという意味。

“It’s a version of national Suicide. Or it’s like a big hit off of a crack pipe,” he said.「”それは一種の国家による自滅行為、あるいは、吸引パイプから一気に大量の薬を吸い込むみたいなものです。”と彼は語った。」トランプ大統領は間違いなくアメリカを自滅させるという意味。世界大恐慌から第三次世界大戦の過去の悲劇を再び繰り返す事になると警告している。

縁故社会主義的資本主義の新農奴制に苦しむアメリカ人達の怒りが頂点に達した結果が、トランプ・サンダース革命であり、トランプはヒトラー、サンダースはスターリンと一部のアメリカ人から揶揄されているのは事実だ。トランプはヒトラーよりもムッソリーニに近いという輩も多々見かけるが、トランプが国粋主義者、保護貿易主義者、孤立主義者というのもまた事実である。しかし、彼が全体主義者かどうかは未だ議論が分かれる所で、ここが今後掘り下げていく必要のある課題かと思われる。一応トランプがファシストかどうかグーグル先生に聞いてみる事にした。

[table id=3 /]

ググった結果、トランプはファシストっぽいかなぁという感想だ。