隠れた歯感染と心臓病の恐ろしい因果関係!?

自覚症状の無い歯の病気が、心臓病の原因になる可能性があるみたいです。歯が膿んだりして菌が増殖して、その菌が体のあちこちで炎症を引き起こし、炎症が原因で心臓病は引き起こしかねないようです。オーラルケアは歯と歯茎の健康のためだけではなく、全身の健康のためにも大事みたいです。

白い歯はいいもんだし、口臭はコミュ障害の原因の1つとも言われているので、オーラルケアで歯と人生を明るくしましょう、みたいな標語が必要かもしれません。歯の健康維持は、全身の健康維持でもあるので、なおさらです。

スポンサーリンク

歯根管感染症と急性冠不全症候群

Hidden tooth infections may predispose people to heart disease

Hidden dental root tip infections are very common: as many as one in four Finns suffers from at least one. Such infections are usually detected by chance from X-rays.

「発見が難しい歯根管感染症はとても一般的で、4人に1人ものフィンランド人が少なくとも1つは患っています。そのような感染症はたいてい偶然X線で発見されます。」

“Acute coronary syndrome is 2.7 times more common among patients with untreated teeth in need of root canal treatment than among patients without this issue,”

「急性冠不全症候群は、この問題の無い患者よりも、歯根管治療を必要としている未治療の患者に、2.7倍も多発しています。」

歯根管感染症という歯の病気があるらしく、これが急性冠不全症の一因になっているような感じです。2.7倍は結構な数字ではないでしょうか。

歯周炎と慢性疾患

Dental root tip infection, or apical periodontitis, is a bodily defence reaction against microbial infection in the dental pulp. Caries is the most common cause of dental root tip infection.

「歯根管感染症、または、根尖性歯周炎は、歯髄の中の細菌感染に対する身体上の防御反応です。カリエスは、最も一般的な歯根管感染症の原因です。」

Today, information is increasingly available about the connection between oral infections and many common chronic diseases. For example, periodontitis, an inflammatory disease affecting the tissues that surround the teeth, causes low-grade inflammation and is regarded as an independent risk factor for coronary artery disease and diabetes. Dental root tip infections have been studied relatively little in this context, even though they appear to be connected with low-grade inflammation as well.

「現在、口腔感染と多くの一般的な慢性疾患の因果関係についての情報が、徐々に公開されています。例えば、歯周炎、歯を取り囲んでいる組織に影響を及ぼす炎症性疾患は、軽度の炎症を引き起こし、冠動脈疾患と糖尿病の独立危険因子として考えられています。歯根管感染症は、同様に軽度の炎症と関連があるように思われているにもかかわらず、これに関しては、相対的にあまり研究されていません。」

歯周炎と歯根管感染症では研究の度合いが違うみたいで、歯根管感染症はまだまだ研究の余地があるようです。歯周炎とラクナ梗塞の因果関係について前回も書きましたが、歯周炎は糖尿病との因果関係もあるようなので、何れにしても、オーラルケアは成人病予防には欠かせないことだけは確かです。

歯根管治療と心臓病リスク

Root canal treatment of an infected tooth may reduce the risk of heart disease, but more research is needed.

「感染歯の歯根管治療は、心臓病のリスクを軽減するかもしれませんが、さらなる研究が必要とされています。」

歯の治療で心臓病や糖尿病、その他の慢性疾患のリスクを低減できれば、それに越したことはありません。歯の健康も、全身の健康と同じくらい大切です。健康は食からで、食は歯で噛むことから始まります。なので、健康は歯からとも言えます。

スポンサーリンク

フォローする