トランプ大統領が予想通り不法移民大量強制送還予告を撤回

毎度毎度の前言撤回で多くのトランプ大統領支持者達が辟易としている。このペースで行けばトランプ大統領の再選はほぼ100%ないだろう。何故なら、民主党候補は、トランプが大統領になって以来、不法移民数は爆増、強制送還数は大激減と言い続ければいいだけだからだ。これでトランプ再選の望みは完全に断たれることになる。

この記事”Donald Trump Backs Down on Deportation Threat“のコメント数が14776を超えていて、お祭り騒ぎ状態になっている。リベラルトロールが相当数紛れ込んでいるのも確かだが、保守派がトランプ大統領の大言壮語にうんざりしているのも事実だ。こと不法移民問題に関する限り、でかいことを言っては、リベラルメディアのプレッシャーに負けて前言撤回をするという屁垂れパターンが完全に出来上がってしまっている。

This is no different than him pulling that phony 5% tariff off the table when he come to a so-called deal with Mexico. Who in their right mind does that? You take tariffs off only if they comply, not the other way around. Delay, delay, delay, at four to five thousand a day. This guy’s getting all his cheap labor he can handle and in the meantime, you are all being indoctrinated to accept these numbers on a daily basis.

メキシコへの5%関税の大言壮語と全く同じパターンで、通常は、5%の関税を掛けた上で、メキシコが協定を遵守した場合に限り、関税を取り下げるのが筋なのに、何もしないうちに5%の関税を撤回するとかアホかと。今回もこれと同じで、強制送還を延期して、その間、1日4〜5千人のペースで不法移民が増え続けている。トランプが欲しいだけ低賃金労働者を増やす一方で、お前らはこの莫大な数の不法移民を日常として受け入れるように吹き込まれている。

子供と親を引き離す、いわゆるzero tolerance policyをリベラルメディアと民主党の猛烈な批判であっさり破棄したトランプの弱腰が、国境問題を深刻なものにしてしまったわけだが、その後、不法移民問題に関しては、徹頭徹尾弱後が続いている。不法移民問題でトランプがやっていることは、トランプ支持者に対する裏切り以外の何ものでもなく、all talk and no action (有言不実行)の優柔不断がいつまでも続くはずもなく、トランプ大統領の支持基盤に大きな亀裂を生じさせつつあるのが今の現状となっている。

スポンサーリンク