バナナやアボカドなどの果物は血管石灰化を防いで動脈硬化を予防する

カリウムを豊富に含むバナナやアボカドなどの果物が、動脈硬化として知られている、病因性の血管石灰化の予防に役立つ可能性があります。アラバマ大学バーミングハム校の研究者達は、食餌性カリウムを減らされたマウスモデルは、正常量のカリウムを給餌されたマウスに比べ、大動脈の硬化が促進することを発見しています。人におけるその種の動脈壁の硬化は、心臓病や心臓病が原因の死の前兆になり、国全体にとって、深刻な健康問題にもなっています。

スポンサーリンク

食事性カリウムが動脈硬化を予防する

A need for bananas? Dietary potassium regulates calcification of arteries

The UAB researchers also found that increased dietary potassium levels lessened vascular calcification and aortic stiffness. Furthermore, they unraveled the molecular mechanism underlying the effects of low or high dietary potassium.

UABの研究者達は、食餌性カリウム量増加が、血管石灰化と大動脈の硬化を減少させることも発見しています。さらに、彼等は、食餌性カリウム作用の基本的分子機序を明らかにしています。

Such knowledge of how vascular smooth muscle cells in the arteries regulate vascular calcification emphasizes the need to consider dietary intake of potassium in the prevention of vascular complications of atherosclerosis. It also provides new targets for potential therapies to prevent or treat atherosclerotic vascular calcification and arterial stiffness.

そういった、動脈内の血管平滑筋細胞が、血管石灰化を制御する仕組みの理解は、アテローム性動脈硬化による血管合併症の予防に、カリウムの食事摂取を考慮する必要性を説き、アテローム硬化性血管石灰化や動脈硬化の予防や治療を可能にする、新たな標的をも提供しています。

動脈硬化予防の分子機序

In cell culture, low potassium levels in the culture media markedly enhanced calcification of vascular smooth muscle cells. Previous research by several labs including Chen’s group has shown that calcification of vascular smooth muscle cells resembles the differentiation of bone cells, which leads to the transformation of smooth muscle cells into bone-like cells.

細胞培養において、培養基の低カリウム値は、血管平滑筋細胞の石灰化を著しく高めました。チェン氏のグループを含むいくつかの研究室による過去の研究が、血管平滑筋細胞の石灰化が、骨細胞の分化に似ていて、それが、血管平滑筋細胞の骨様細胞への変換を引き起こす事を示唆しています。

Mechanistically, they found that low-potassium elevated intracellular calcium in the vascular smooth muscle cells, via a potassium transport channel called the inward rectifier potassium channel. This was accompanied by activation of several known downstream mediators, including protein kinase C and the calcium-activated cAMP response element-binding protein, or CREB.

機構的に、彼等は、低カリウムが、血管平滑筋細胞の細胞内カルシウム濃度を、内向き整流性カリウムチャネルと呼ばれるカリウム輸送チャネルを介して上昇させていることを発見しています。このことは、タンパク質キナーゼCやカルシウム活性化cAMP応答配列結合タンパク(CREB)を含む、いくつかの既知の下流仲介因子の活性化に附随して起こっています。

In turn, CREB activation increased autophagy — the intracellular degradation system — in the low-potassium cells. Using autophagy inhibitors, the researchers showed that blocking autophagy blocked calcification. Thus, autophagy plays an important role in mediating calcification of vascular smooth muscle cells induced by the low-potassium condition.

続いて、CREB活性化が、低カリウム細胞の自食作用(細胞内分解系)を高めました。自食作用阻害剤を用いることで、研究者達は、オートファジーを阻害することが、石灰化を抑制することを証明しています。従って、自食作用は、低カリウム状態によって誘発される、血管平滑筋細胞の石灰化の仲介に重要な役割を果たしていることになります。

カリウムが、カルシウムシグナリング、CREB、オートファジーを介して、血管石灰化の制御に極めて重要な役割を果たしているらしいので、バナナを毎朝1本欠かさず食べるのが、心臓病の予防になるのかもしれません。昔から、朝のフルーツは黄金と言われているので、バナナ、リンゴなどの果物を朝食に摂ることが推奨されてもいます。アボカドも1日1個食べると良いと言われています。しかしながら、こういった果物は高価なので、庶民には敷居が高くなってしまっています。

スポンサーリンク

フォローする