entitled to time and a half for overtimeの意味

この記事”Robert Reich: The Truth About Trump’s ‘Booming’ Economy | Opinion“の中に以下のような文言がある。

Trump’s Labor Department is also repealing a rule that increased the number of workers entitled to time-and-a-half for overtime.

文中のtime-and-a-half for overtimeの意味が分からなかったので調べてみた。

time and a half for overtime = 残業の5割増賃金
time and a half for = 5割増賃金

日本の場合だと定時が9時〜18時の場合、22時以降残業すると5割増しになる。8時間以降の残業は25%増し、22時〜5時の深夜勤務は25%増し、例えば、9時から深夜2時まで働いた場合、時給2000円✕8時間で16000円、2500円✕4時間で1万円、3000円✕4時間で12000円の計38000円が支払われることになる。

Trump and congressional Republicans refuse to raise the minimum wage, which is stuck at $7.25 an hour.

Trump’s Labor Department is also repealing a rule that increased the number of workers entitled to time-and-a-half for overtime.

上記のことを踏まえて上の英文を訳すと、「トランプ大統領と共和党議員は、永らく1時間810円のままの最低時給の引き上げを頑なに拒否し続けている。トランプ政権の労働局は、時間外労働5割増を付与される労働者を増やした規則を廃止している。」

5割増とかにすると、残業泥達が、カラ残業やりまくるからこんな規則は廃止した方がいいだろう。つーか、人増やせよって話だ。俺が働いていた時も、定時はダラダラ仕事して、8時間のうち3時間は煙草休憩とかいう酷いのが何人もいたが、深夜残業と休出しまくって(自己申告のためカラ残業のケースがほとんど)月給が70万円超えたとか自慢している犯罪者共がいたが、残業・休出禁止にして、人を増やした方がはるかに企業経済にも日本経済にもプラスになる。思考停止の馬鹿は、その人間にしかできない仕事とか寝言を言い出すが、じゃぁ、そいつが死んだり、突然辞めたりした場合、誰がそいつの仕事を引き継ぐんだよという話で、それこそ1人しかできない仕事を作り出すことこそ企業にとっては危険なことだということが理解できていない。

スポンサーリンク