glom onto, lock and loadの意味

この記事”Freeze-frame microscopy captures molecule’s ‘lock-and-load’ on DNA“のタイトルのlock-and-loadの意味をこのサイトで調べてみた。

lock and load = A command to prepare a weapon for battle. Prepare for an imminent event.

弾丸(砲弾)装填命令、緊急事態に備える

この意味からだと記事タイトルは何のこっちゃになるので、タイトルを理解するにはこの一節を理解する必要がある。

Pushing the limits of cryo-electron microscopy, University of California, Berkeley, scientists have captured freeze-frames of the changing shape of a huge molecule, one of the body’s key molecular machines, as it locks onto DNA and loads the machinery for reading the genetic code.

低温電子顕微鏡法の限界をプッシュすることで、カリフォルニア大学バークレー校の科学者達は、人体の重要な分子機構の1つである巨大分子が、DNAに照準を定めて遺伝情報読み込み機構をロードする瞬間の形状変化を捉えることに成功した。

このlock and loadというイディオムに変わって、この記事の要旨では以下のような表現が使われている。

One of the body’s largest macromolecules is the machinery that gloms onto DNA and transcribes it into mRNA, the blueprint for proteins.

この文中のgloms ontoの意味をこのサイトで調べてみた。

glom onto = to become firmly attached to something, to become very interested in something

何かにしっかりくっつく、何かに非常に興味を持つ

「人体の最も巨大な分子の1つは、DNAにしっかりくっついてそれをタンパク質の設計図のmRNAに転写する機構である。」

以上の事を踏まえると、記事タイトルは以下のように訳せる。

「分子(転写因子IIDまたはTFIID)がDNAに結合してmRNAに転写する準備段階を低温電子顕微鏡法が捉える」

スポンサーリンク