社会的に惨めな人間(社会の底辺)ほど極端に右傾化する傾向が強い

この記事”Understanding the current rise of the far right using Marx and Lacan“に以下の一節があった。

The far right fantasy is that of being more whole than “the Other”. By branding certain groups of people such as Muslims, immigrants, women as limited or non-whole, the far right displaces the anxieties of the white male working classes on others, allowing them to feel superior and therefore, whole and “great again”.

「極右は他者よりも完璧でありたいと空想している。イスラム教徒、移民、女性等の特定の集団に属する人々を劣等であると烙印を押すことで、極右は白人労働者階級の不安を他者にそらし、彼等に優越感を得させて完璧さを取り戻させることで劣等感を払拭させている。」

ナチズムの真髄がアーリア人至上主義だったことは有名だが、極右と言われているナチズムが、反ユダヤ親イスラムだったことは皮肉だろう。何故なら、反ユダヤ親イスラムを極右の象徴だとすれば、今の極左がそれにあたるからだ。アメリカの極右集団は、反ユダヤ・反イスラムを掲げている。ナチスは、ワイマール体制下で底辺で喘いでいた人間達で構成されていると言っても決して過言ではない。その観点に立てば、社会的底辺ほど極右に洗脳されやすいと言えるだろう。ナチスの無茶振りを見れば、人間の屑だから社会の底辺に転落するとも言えるかもしれない。言い換えれば、人種差別主義者のような人間の屑が極右になるということだ。とは言っても、極左は極左で自分の思想に反する人間を徹底的に弾圧する傾向が強く、とりわけ、保守派の女性や有色人種に対する差別がまじで酷いので、政治思想に関係なく、人間の屑ほど極左、極右になりやすいと言った方がより正解に近い。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク