junk science? 食うにも困る人間ほど肥満になりやすいという珍説

この記事”UTSA researchers: Those with inadequate access to food likely to suffer from obesity“によると、食糧不足が肥満の原因の1つであるらしいことが以下のように書かれている。

Using a national sample of adults across the United States, the UTSA researchers learned that individuals who are food insecure are at an increased risk of obesity. Study results also showed that the individuals who live in food desert are at an elevated risk for obesity. Together, these findings suggest that Americans who either do not have enough to eat or live in areas without access to stores that sell affordable nutritious foods are at greater risk for obesity.

「UTSA研究者等は、全米全国成人標本調査を用い、食糧不足が肥満リスクを上昇させることを見出した。彼等の研究結果は、食品砂漠で生活している人々も肥満リスクが高まることを示している。総合すると、これらの研究結果が、食べるのにも苦労するか、安価な栄養のある食品を売っている店が近くにないエリアに居住しているアメリカ人が、肥満リスクがより高いことを示唆している。

食べるのにも苦労する半飢餓状態の人間が、一体どうすれば肥満になるのかと問いたくなるが、恐らく、何にでも言い訳が存在しなければならないという、リベラル特有の病気だろう。食べるにも困るような超が付く低所得者層が太るのは、その人間が怠惰で、調理せずに食べられるジャンクフードやファストフードばかり食べている、あるいは、高カロリーの高脂質食品や糖度の高い食品ばかり食べているからではなく、あくまでも社会のせいだと言いいたいわけである。底辺に肥満が多いのは、低所得者層の購買意欲をそそるジャンクフードやファストフードの広告が原因だと言っている識者さえいる。もうメチャクチャである。こういったアメリカの学者連中は、マイノリティーが底辺なのも、肥満なのも、ジャンキーなのも、低学歴なのも、全て社会の責任にしたがる傾向が非常に強い。彼等の頭の中では、自己責任という概念は、白人にしか存在しないようである。いわゆる、white privilegeという概念で、白人特権があるのにもかかわらず低辺なのは白人の責任というわけである。とは言っても、現在は、白人よりも不法移民やマイノリティーの方がはるかに特権階級化しているので、多くの白人達にとっては、白人特権などというものはそもそも存在さえしていない。

栄養豊富で健康に良いとされている野菜や果物は高価なので、安価なジャンクフードや甘いお菓子を購入せざるを得ないというのは詭弁だろう。少し手間をかければ安価で栄養豊富な健康的な料理はいくらでも作れる。しかしながら、怠惰な人間というのは、その少しの手間を惜しんで楽な方に流れてしまう。怠惰故に運動もしないだろうから余計太りやすくなる。アメリカの場合、低所得者層への支援が皆無のゴミカス腐れ日本と違って、フードスタンプのような制度があるので、それが肥満に貢献している可能性もあるのかもしれない。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク