何度も何度も使い回した油(フライ油)が癌を凶暴化させる

子供の頃から、酸化した油は強力な発癌性を有するから、油はこまめに交換するように親からきつく言われていた。この記事”Study in mice examines impact of reused cooking oil on breast cancer progression“が、その忠告の正しさを証明してくれている。酷い店になると、何日も使い古した、酸化しまくった猛毒油を使っているところもある。商店街で買った天ぷらを食べて、ひどい胃もたれがして死にそうになったことがあるが、あんな極悪な猛毒天ぷらを何度も食べさせられたら、確実に胃がんになるだろうと痛感させられたことがある。

スポンサーリンク

使い古しの油はやばい

Thermally abused frying oil – cooking oil that has been repeatedly reheated to high temperatures – may act as a toxicological trigger that promotes tumor cell proliferation, metastases and changes in lipid metabolism, scientists at the University of Illinois found.

熱的に酷使されたフライオイル、すなわち、高温に何度も繰り返し再加熱された食用油が、腫瘍細胞増殖、転移、脂質代謝変化を促進する毒性要因になる可能性があることを、イリノイ大学の研究者達が見出した。

記事内の研究では、食用油として、アメリカの揚げ物用油として多用されている大豆油が使われているが、日本だとごま油や紅花油が主流だろう。最近では、熱に強いアボカドオイルなんかも使われているようだ。我が家では、一度揚げ物用に使用した油はこまめに捨てているが、外食だと、客の健康よりも店の利益を優先する良心的でない店の場合、アフラトキシン並に強力な発癌性を有する、何十回、何週間も使い古した油を使っていると思われる。秘伝の揚げ油として、何十年も注ぎ足しを繰り返している油も存在するかもしれない。非常に恐ろしいことである。

スポンサーリンク

使い回し油が癌を凶暴化させる

Twenty days after inoculation with the tumor cells, the primary tumors in the tibias of the mice that consumed the thermally abused oil had more than four times as much metastatic growth as the mice that consumed the fresh soybean oil. And when the researchers examined the animals’ lungs, they found more metastases among those that consumed the thermally abused oil.

腫瘍細胞注入20日後、使わ回し油を摂取したマウスの脛骨の原発腫瘍は、新鮮な大豆油を摂取したネズミの4倍以上転移成長していた。研究者達が、両マウスの肺を検査したところ、使い古し油を給餌されたマウスが、より多くの転移があることを見出している。

使い古しの油を食すことで、癌の転移が活発になるようである。さらにショッキングな事実が以下のように書かれている。

“There were twice as many tumors in the lung, and they were more aggressive and invasive,”

肺には2倍多い転移が認められ、それらは、より悪性で侵襲的であった。

使い古しの酸化しまくり超強力発癌性猛毒油を使って揚げられた天ぷら屋フライを食すことで、原発腫瘍が、転移しやすい侵襲性悪性腫瘍に凶暴化するようだ。何とも恐ろしいことである。

スポンサーリンク

アクロレイン

When oil is repeatedly reused, triglycerides are broken apart, oxidizing free fatty acids and releasing acrolein, a toxic chemical that has carcinogenic properties.

油を何度も使い倒すと、トリグリセリドが分解して遊離脂肪酸を酸化し、発癌性を有する有毒化学物質であるアクロレインを放出する。

記事には、アメリカでは、揚げ油の使い回しに規制はないらしく、どんな物を食わされてるか分からないと恐ろしいことが書いてある。日本の外食産業は、バイトが色々問題を起こしているだけに、何を食わされているか分かったもんじゃない。雑巾代わりに床拭きに使われた鶏肉を、何週間も取り替えない、酸化しまくりの猛毒フライオイルで揚げた唐揚げを、客は食わされている可能性さえある。やはり、外食はオープンキッチンに限る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク