シュガーコート:don’t sugarcoat the factsの意味

この記事”To lower childhood obesity, don’t sugarcoat the facts about sweet drinks“のタイトルにある”don’t sugarcoat the facts”とはどういう意味になるのか考察してみた。

スポンサーリンク

sugarcoatの意味

sugar-coat(シュガーコート)は、辞書で調べると、糖衣をかける、体裁よく繕うといったような意味であると書いてある。つまり、苦い薬をシュガーコートして甘くして飲みやすくしたり、言い難いことをシュガーコートして耳に優しくすることである。さらに、物事を過剰に感傷的にするといったような意味も持つようだ。スピンの一種とも言われている。スピンとは、米国内の不法移民の99%はlaw abiding people (法を尊守する人々)といったような戯言を指す。

don’t sugarcoat the factsの意味

事実をシュガーコートするな、あるいは、歯に衣着せずに真実を語れと言ったような意味になる。前出の記事タイトルは「小児肥満を減らすためにも甘味飲料については真実をありのまま述べよ」といったように訳せるだろう。言っていることは、清涼飲料水がいかに身体に良くないかということを、消費者にもっと分かりやすく伝えろということで、本製品の過剰摂取は肥満、心臓病、糖尿病、癌を誘発する危険性があると製品に書いておくことを推奨している。薬の副作用と同じように、甘味飲料の副作用もきっちり書いておくことはいいことかもしれない。