punとdouble entendreの意味・違い・用法

シェアする

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

double entendreはdouble ententeとも言います。例えば、tender chick breastという言葉があった場合、柔らかい(ひな)鳥の胸肉という意味の他に、もう1つ性的な解釈もできてしまいます。こういった1つはまともな意味で、もう1つが卑猥な意味を併せ持った言葉をdouble entendreと言います。

スポンサーリンク

double entendreの意味・用例

double entendre = 二重の意味(1つは性的な意味を持ったもの)で、前記のtender chick breastのような言葉がそれに当たります。しかしながら、horny sausageはdouble entendreとは言えず、single entendreにさえなっていないようです。sausageはソーセージのことですが、日本語でも別な卑猥な意味を持っています。一方のhornyの方は欲情したという意味の他に角のある、硬いといった意味も持ち合わせています。horny sausageは2重の意味を持っているように見えて、実はあまりにもストレート過ぎる卑猥な言葉であることが分かります。honey chickとhorny chickは一見似ているので間違いやすいですが、はちみつチキンとホーニーなチックというかけ離れた意味の違いが存在します。horny chickもdouble entendreには成り得ません。

スポンサーリンク

punの意味・用例

pun = 駄じゃれ、語呂合わせ、もじる、しゃれを言うといったような意味になります。pun intended = しゃれ(のつもり)で、no pun intended (pun not intended) = 洒落のつもりではありませんのように良く使われます。punの場合は、double entendreと違って卑猥な意味を持ち合わせる必要はありません。完全な親父ギャクだと思えばいいかと思います。no pun intendedで、ノーパンインテンディッドのように親父ギャグ化もできてしまいます。例えば、Scoop the Poop: It’s Your Environmental Doody (pun intended)のような使われ方をします。この場合は、doody(うんち)とdutyを掛け合わせて洒落にしています。


参照サイト

KFC’s ‘big breasted’ chicken nugget is all kinds of wrong

Get your hands off my double entendres! Is the smutty pun now under attack?

Scoop the Poop: It’s Your Environmental Doody (pun intended)

Difference Between Pun and Double Entendre

スポンサーリンク

シェアする

フォローする