学ばずに自然に会得した以外のunstudiedの意味

自然に身についた、学ばないで会得した、以外のunstudiedの意味を考える。以前も、understudiedの代役・代理以外の意味を調べたが、似たような意味であることは容易に想像できる。

この記事”New insight on potent HIV antibody could improve vaccine design“にunstudiedが以下のようにして使われている。

A new observation, led by researchers at the Duke Human Vaccine Institute, highlights the importance of previously unstudied mutations that arises early in bnAbs, giving the antibodies the flexibility to adapt to changes in the virus’s outer envelope protein structure.

「デュークヒューマンワクチン研究所の研究者主導の新たな観測が、bnAbs (広域中和抗体)初期に生じ、その抗体に、ウイルスの外殻タンパク質構造における変化に柔軟に適応できるようにする、これまで未研究であった変異の重要性を明らかにしている。」

ここで使われているpreviously unstudiedは、これまで未研究(未調査)の、ぐらいにしか訳しようがないように思われる。これまで研究されてこなかった変異と訳すとしっくり来るのではないだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク