科学ニュース全般一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

事前にプログラム可能な電子特性を持った有機無機ヘテロ構造

弱いファンデルワールス力によって結合されている、グラフェンや窒化ホウ素などの異なる2次元結晶の垂直積層は、一般に、ファンデルワールスヘテロ構造と呼ばれています。そういった精巧な積層構造は、ナノ規模でさまざまな現象を研究するための多目的なプラットフォームとして利用可能です。特に、2次元結晶のメカニカル(力学的、機械的)な

記事を読む

NO IMAGE

K2Cr3As3結晶において朝永–ラッティンジャー液体状態を確認

最近発見された物質K2Cr3As3は、電子が1次元内のみを動けるように、効果的に閉じ込められた時だけに起こることが予測されている、エキゾチックな振る舞いを研究する機会を与えてくれる、平行Cr-As鎖から成る構造を持っています。7kで超伝導化する前に特異な金属状態を経験する特性が、その系の伝導電子をどう説明するのがベスト

記事を読む

NO IMAGE

細菌燃料電池:光栄養細菌と従属栄養細菌の驚異的相乗効果

石油や石炭、あるいは、太陽光エネルギーに取って代わって、自続細菌燃料電池が未来を動かすかもしれません。ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研究者達は、2種類の細菌の共生的交互作用を介して13日連続で電力を作り続けた、最初のマイクロスケール自律細胞を持った微生物燃料電池(MFCs)の次のステップへと開発を進めています。

記事を読む

NO IMAGE

亜鉛が記憶の形成と保存に重要な役割を果たしている!?

亜鉛は、多くの細胞プロセス、例えば、学習や記憶プロセスに関与していたり、未知の役割を果たしている極めて重要な微量栄養素です。ナノ電気化学的測定を使い、スゥエーデン研究者達は、亜鉛がメッセンジャー分子の放出に影響を与えている事を明らかにすることで、理解を深めています。Angewandte Chemie誌に公表されている

記事を読む

NO IMAGE

量子ショートカットはやはり熱力学の法則には逆らえなかった

過去数年に渡り、物理学者達は、量子系の動作を高速化する量子ショートカットを開発しています。驚くべきことに、こういったショートカットのいくつかは、理論的に、熱力学の第2法則の明らかな違反である、余分なエネルギーを一切使うことなく、システムをほぼ瞬間的に動作させることが可能なように見えます。

記事を読む

NO IMAGE

炎症性の激痛とプロスタグランジンとセロトニンの微妙な関係

痛みは、身体への損傷の度合いと部位を知らせるための警告信号としての役割を果たしています。その非常に不快な感覚に加えて、痛みの伴う出来事は、痛みを回避する行動に拍車を掛ける働きをしている可能性がある、ネガティブな感情的反応を引き起します。しかし、慢性的な炎症状態においては、持続的な痛みに付随するネガティブな情動状態は

記事を読む

NO IMAGE

南洋桜(ナンヨウザクラ)の驚くべき抗菌・抗真菌作用!

中南米から東南アジアへ紹介され、沿道に植えられた小さな花の咲く木が、抗菌と抗真菌の両作用を示しています。フィリピン大学ディリマン校の研究者達は、Muntingia calabura (南洋桜) の葉と茎の植物化学物質と呼ばれる生物活性化合物の存在を分析しました。彼らは、4種類の細菌と真菌に対する、その木の葉と茎の

記事を読む

NO IMAGE

誘電体ロッドを光ドープした2次元ゼロ近傍誘電率メタマテリアル

材料科学、物理学、ナノ技術、電気工学の共通集合である、メタマテリアルの分野は、尋常でない電磁的性質を持った構造体を作り出すことを目標にしています。複数材料を緻密な周期的配列に注意深く組み合わせことで、その結果として生まれたメタマテリアルは、そうすることなくしては存在しない、負の屈折率などの性質を発現します。

記事を読む

NO IMAGE

世界初、痛みの化学信号に応答できる人工受容体の開発に成功!

マンチェスター大学とブリストル大学の研究者が、鎮痛に関わる信号を認識可能にする、人工細胞情報伝達システムの開発に成功しました。マンチェスター大学の研究チームを率いたシモン・ウェブ博士は、今回の成功が、通常の情報通信経路を迂回できる可能性がある事から、細胞の痛みや他の感覚に対する応答法を変更するための、重要な鍵を握って

記事を読む

NO IMAGE

がん転移:癌細胞が血管壁を通り抜けて転移する仕組み

血管は癌増殖と転移に決定的に重要な役割を演じています。血管の内壁上皮にある細胞(内皮細胞:endothelial cells)と癌細胞は、互いに蜜に連絡を取り合い相互に影響し合っています。アンドレアス・フィッシャー氏と彼の同僚等は、こういった相互関係を研究しています。医療研究者のフィッシャー氏は、ドイツがん研究センター

記事を読む

Page 3 of 23
1 2 3 4 5 23