クルーズ一覧

NO IMAGE

米空母機動部隊が朝鮮半島へ航行中!?北朝鮮攻撃間近?

アメリカの航空母艦(USS Carl Vinson)を含むstrike group(空母打撃軍)が、朝鮮半島へ向けて航行中らしく、ニュースメディアは、トランプ政権が北朝鮮への圧力を強める目的だろうと予測しています。軍事アナリストは、北朝鮮への攻撃は当面ないだろうと言っていますが、アメリカの全てのコメンテーターは、北朝鮮

記事を読む

NO IMAGE

ポストトランプ:トランプ大統領が罷免されるかもしれない!?

トランプ大統領の罷免が秒読み段階に入っていると、多くの反トランプリベラル達が息巻いています。中には、トランプ大統領とペンス副大統領のダブル罷免で、ポール・ライアン大統領が誕生するだろうといった、荒唐無稽の与太話を書き連ねているリベラルまでいる程です。トランプ大統領が抱えるロシア問題は、マイケル・フリン氏を解任しただけで

記事を読む

NO IMAGE

まじやばい!トランプ大統領と陰の大統領バノン氏が大激怒!!

トランプ大統領とバノン氏が怒り心頭のようです。ことの始まりは、今回の入国審査の厳格化を命じた大統領権限に対するリベラル達の過剰反応で、火に油を注いだのが、司法長官代行のサリー・イエイツ氏がこの大統領権限を守らないと宣言したことでした。トランプ大統領は即座にイエイツ氏を解任し、さらに、なかなかジェフ・セッションズ氏が上院

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領は暴走するリベラリズムを止められるのか?

リベラリズムが世界を蝕んでいると批判されています。その暴走するリベラリズムを打破するためにトランプ大統領が誕生した訳ですが、早速、大統領権限がリベラルジャッジによってブロックされてしまい、これにはトランプ支持者達は怒り心頭です。逆に、リベラルは狂喜乱舞しています。トランプ大統領とリベラルの熾烈な戦いが始まっています。

記事を読む

NO IMAGE

妄想癖?アメリカではトランプ氏がまじでやばいと言われ始めている

トランプ氏は平気で嘘を付くとかなり以前からメディアで問題になっていましたが、それは虚言癖ではなく、現実と妄想の区別が付かなくなっている兆候だと、一部の間でまことしやかに囁かれ始めています。アルツハイマー等の認知症を疑っているリベラルがかなりいますが、不法投票が一般投票で負けた原因という珍説がそれを証明しているようです。

記事を読む

NO IMAGE

2020年以降社会不安が世界的に増大し混沌とした世の中になる!

日欧米における格差社会は限界に達して来ていると言われて何年か経ちますが、その結果が、アメリカにおいては、サンダース革命だったのですが、バーニー・サンダースは予備選で敗れ、常識的政策と法と秩序尊守を謳ったトランプ氏が勝利しました。トランプ氏は格差社会の申し子みたいな存在ですが

記事を読む

NO IMAGE

3人のギャング、ルビオ、マケイン、グラハム

1000万人以上の不法滞在者達に最終的に市民権を与えるいう、Gang of Eight bill あるいは、comprehensive immigration reform (CIR) bill (包括的移民改革法案)は、共和党のカリスマ、ラッシュ・リンボー氏等の努力によって闇に葬られました。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏、ジェフ・セッションズ氏を司法長官に抜擢!

アラバマ州選出上院議員のジェフ・セッションズ氏は、国務長官か国防長官と言われていましたが、司法長官に任命されました。個人的にはAGはテッド・クルーズ氏が適任と思っていたので、非常に残念ですが、テッド・クルーズ氏が連邦最高裁判事に指名されなければ、納得いかないクルーズ支持者が多いのではないでしょうか。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ政権で、バノンとトランプが目指すものとは?

トランプ大統領が、来年1月20日の就任式を以って晴れて誕生するわけですが、その前に12月19日に選挙人団による最終投票が控えていますが、すんなりトランプ氏が大統領に選出されます。トランプ氏が大統領に就任したら即やると公言していた、オバマ大統領の違法な大統領権限を全て無効化するかどうか、注目が集まっています。

記事を読む

NO IMAGE

反トランプデモ、トランプ氏は何故そこまで嫌われるのか?

反トランプデモが全米各地で繰り広げられ、徐々に勢いが増しているように思われます。彼らの言い分は、ヒラリー・クリントン氏がドナルド・トランプ氏よりも200万~250万票も多く得票するので、トランプ氏は大統領になるべきではないし、なる資質すら持ち合わせていないということみたいです。

記事を読む

Page 1 of 4
1 2 3 4
スポンサーリンク