人工知能一覧

NO IMAGE

多くの人を救うために1人を犠牲にすることは人としてどうなのか?

大勢の歩行者を救うには、運転手を犠牲にするしか道はないという場合、人工知能が取るべき最良の行動は何か?これは非常に難しい問題で、人間が運転手の場合だと、自分が助かるために、緊急避難的に歩行者を犠牲にするかもしれませんが、倫理的には自分が犠牲になるべきでしょう。ほとんどの日本人は、運転すると人格が変わると言われているので

記事を読む

NO IMAGE

機械学習:人間の倫理観や道徳観を摸倣可能なアルゴリズム

自動運転車は、道徳的に、人間がやるように行動したり、人間が人間に対して期待するようなやり方で、果たして行動したり出来るのでしょうか?過去の考えに反して、今回の革新的な新しい研究が、マシンベースの道徳的決定が、原理上可能であることを意味する、機械が、人間の道徳をモデルにすることができることを初めて証明しています。

記事を読む

NO IMAGE

脳シナプスに近い新型人工シナプスがAI(人工知能)をより知的に

研究者の国際チームが、新しいニューラルネットワーク(神経回路網)モデルを使った人工知能システム用の、新型人工シナプスを開発に成功しています。人工神経回路網では、計算システムは、デジタルニューロンとデジタルシナプスが、生物学的なニューロンとシナプスの機能を模写することで、人間の脳機能をエミュレート(摸倣)するように

記事を読む

NO IMAGE

階層型時間メモリが人工知能による異常検出には最適

IoT(モノのインターネット)時代の中で、ストリーミングデータを明るみにするための、ネットに接続されたリアルタイムセンサーの使用の急激な増加は、ストリーミング解析の新興分野において、大きな課題と機会を提起していて、特に、ストリーミングデータの異常検出は、予防保守から、不正行為防止、障害検出、システム監視に至る重要な使用

記事を読む

NO IMAGE

【機械学習】ディープラーニングの学習効果を超高める【深層学習】

ライス大学のコンピュータ科学者が、deep learning(ディープラーニング)の学習効果を最大で95%も高められる新手法を開発しています。この新手法が、計算量を劇的に減らす事で、深層学習(機械学習の一種)に必要なエネルギーと時間を大幅に削減してくれるようです。今回新たに開発されたテクニックは、あらゆる種類のディープ

記事を読む

NO IMAGE

ピクシブスケッチとペインツチェイナーの組み合わせが凄いことに!

Preferred Networks(プリファードネットワークス)のAI(人工知能)技術を使った線画自動着色サービス、PaintsChainer (ペインツチェイナー)と、pixiv Sketch (ピクシブスケッチ)を組み合わせたことで、物凄いお絵かき支援ツールが誕生したようです。実際に見てみると、確かに凄いことに

記事を読む

NO IMAGE

グーグルのAlphaGo(アルファ碁)が電撃勝ち逃げ引退!

Googleが誇るスーパーAI(人工知能)のアルファGoが、棋士レーティング世界1位の中国の柯潔氏(19)を、囲碁の対局で破った後で、突然の引退を発表しています。アルファ碁は、去年行われたフル対局で、一流の碁棋士を破った初めてのコンピュータープログラムになり、囲碁の複雑性を考えた場合、その偉業は画期的なことであると

記事を読む

NO IMAGE

モーツァルト級の天才作曲ニューロモーフィック・チップ/脳型チップ

imec technology forum(imec技術フォーラム、ITF2017)で、imec(大学間マイクロエレクトロニクスセンター)は、世界初となる、自己学習脳型チップ(self-learning neuromorphic chip)を明らかにしています。OxRAM技術に基付くその脳を模したチップは、自己学習能

記事を読む

NO IMAGE

【犯罪防止】ロボット・AIが人に優しい社会を作る【人件費削減】

近い将来、多くの職が、ロボットやAIに奪われると予測されています。実際、ロボットやAIがやった方が良い仕事はかなりあって、例えば、日本の場合、態度や素行が悪い公務員があまりにも多過ぎるので、可能な限り早い段階で、ロボット・AIに取って代わられるべきだという意見が多く見受けられ、人件費削減と犯罪防止にもなるみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

人工知能(深層学習)を駆使した株式投資手法が今後の主流になる

フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク(FAU)ビジネス経済学部の研究者達によって実施された研究が、アルゴリズムが人工知能を基礎にしているコンピュータプログラムが、収益率が高い投資決定をできることを証明しています。1992年から2015年までのS&P 500構成銘柄に適用した場合、人工知能による

記事を読む

Page 1 of 3
1 2 3