健康一覧

NO IMAGE

アメリカで水道水のPFASs汚染が深刻、日本は大丈夫?

ミシガン州フリントで水道水に基準値をはるかに上回る大量の鉛が含有されていて大きな問題になりましたが、アメリカの33州に居住する600万人ものアメリカ人の水道水が、深刻なPFASs(ポリフルオロアルキル、ペルフルオロアルキル化合物)汚染にさらされているというニュースがありました。

記事を読む

NO IMAGE

ガレクチン-3、マルチタスキングなタンパク質の意外な性質!

galectin-3(ガレクチン-3)は、一度に複数の仕事をこなす事ができる、マルチタスクな蛋白質と言われていて、今回新たに意外な特質が発見されたようです。ガレクチン-3はいくつかのがんと密接な関係があるらしく、これらの癌のバイオマーカーとして、将来性を期待されているようです。

記事を読む

NO IMAGE

スーパーフード、リンゴ酢の驚異的な健康効果

リンゴ酢がかなりの脚光を浴びているようです。酢が元々体に良いことは、日本では大昔から知られていたので、何の不思議もないのですが、数ある酢の中でもリンゴ酢の健康効果がかなりやばいみたいです。個人的には甕壺黒酢が酢のチャンピオンだと思っていたのですが、考えが甘かったみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

隠れた歯感染と心臓病の恐ろしい因果関係!?

自覚症状の無い歯の病気が、心臓病の原因になる可能性があるみたいです。歯が膿んだりして菌が増殖して、その菌が体のあちこちで炎症を引き起こし、炎症が原因で心臓病は引き起こしかねないようです。オーラルケアは歯と歯茎の健康のためだけではなく、全身の健康のためにも大事みたいです。

記事を読む

NO IMAGE

サワーチェリー(タルトチェリー)もスーパーフードらしい

cherry(さくらんぼ)は確かに酸っぱくて美味しいです。チェリーと言うと、うる星やつらの錯乱坊を思い出す人が多いかもしれません。チェリーと聞いて、うる星やつらのラムから、迷探偵コナンのRUMや山村警部(諸星あたるの声優)まで連想できれば、相当なアニオタです。

記事を読む

NO IMAGE

心理:トラウマを抱えていると記憶力が低下するらしい

trauma(トラウム、深い心の傷)を抱えた人間は記憶力が低下するみたいです。貧困の連鎖と良く言われますが、それには明確な理由があったようです。貧困などが原因で劣悪な家庭環境で育った子供は、心に深い傷を負っているケースが多いのでは無いでしょうか?日本のように陰湿な社会だとなおさらだと思います。

記事を読む

NO IMAGE

ナッツ類を毎日食べると全身の炎症が緩和される!?

ナッツ類(アーモンド、くるみ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ)を常食すると炎症が減って健康になるみたいです。木の実が体に良いことは今や常識ですが、炎症を抑えて健康を増進させる効果があるようです。アーモンドチョコレートやマカダミアナッツチョコは体に良いような気もしますが、食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

記事を読む

NO IMAGE

浮草が人類の食糧問題を解決するかもしれない!?

水面に浮かぶあの浮き草が、人類が直面するだろう深刻な食糧問題を解決する切り札になるだろうと、一部の人達の間で言われているみたいです。duckweed(ダックウィード、ウキアオクサ)という、アヒルの食用の浮き草が、人間の食料にもなるみたいで、何とも不思議な感じがします。

記事を読む

NO IMAGE

待った無しの食糧問題、2050年に世界人口は90億人!

最近やたらと2050年までに世界人口が90億人を超えているので、食糧問題が深刻化するという内容の話をネット上で見掛けるようになりました。今より16億人口が増えただけで、食糧問題が深刻化するわけがないのですが、実際は、今でも食糧問題は深刻らしく、先進国の人間が気付かないだけとも言われています。

記事を読む

NO IMAGE

スーパーフード、blue majik(ブルーマジック)、スピルリナ

blue majik(青い魔法、青い魔力)が最近人気らしいです。majikと言うと、Monkey Majikを思い出す人が多いかもしれません。majikはmagicの事で、青い色をした魔法のような食品という意味です。スーパーフード自体が、魔法のような奇跡の食品の事を指しています。

記事を読む

Page 24 of 33
1 22 23 24 25 26 33
スポンサーリンク