健康一覧

NO IMAGE

favor:好意とは親切な行為にあるのではなく人の心にある

A favour does not consist in the service done, but in the spirit of th...

記事を読む

NO IMAGE

get the best of/get the better ofの違い・意味・用法

get the best of = get the better of = 打ち勝つ、出し抜く、しのぐ、負かすといった意味で、例えば、get...

記事を読む

NO IMAGE

貧困は個人の自由を奪う:格差社会を語るのに欠かせない名言中の名言

格差社会は、日本だけの問題ではなく全世界的な問題です。お金がないという事が、個人の健康に重大な悪影響を与えることを、数々の科学的な研究が示唆...

記事を読む

NO IMAGE

3世帯に1世帯がまともな食品を得るのに苦労するぐらい困窮している

経済格差も遂にここまで来たのかという感があります。貧乏なのは貧乏人が悪いとい近視眼的な思考停止意見も根強いのですが、真面目に清く正しく品行方...

記事を読む

NO IMAGE

毎日トマトやリンゴを食べて肺機能改善と肺の老化速度を遅らせる

ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院による研究が、10年という期間における肺機能の経年劣化が、トマトやフルーツ、特に林檎を良く食す元喫煙者の間で、緩やかであることを見いだし、これらの食品に含まれるある種の成分が、長年の喫煙に起因する肺への損傷を治癒する手助けをしている可能性があることを示唆しています。

記事を読む

NO IMAGE

ブルーベリー酢が(記憶喪失のネズミにおいて)記憶力を向上させる

認知症は、世界中の多くの人々に、彼等から思考力と記憶力を奪い、彼等がかつて送っていた生活さえも奪い去ることで、かなり深刻な影響を与えています。認知機能低下に対する新たな対抗策を模索する中で、ブルーベリー酢が、何らかの助けになる可能性があることを、科学者たちがJournal of Agricultural and

記事を読む

NO IMAGE

家族の食事の時間の不足は子供を非行に走らせる原因になる

かつて鍵っ子なる言葉が流行った時代がありましたが、あの時の鍵っ子達が、その後どのように成長したのか興味深くもあります。当時は今と違って、ほとんどの企業が土曜日が休みではなかったので、土曜日に鍵っ子の家に行くと、当然、土曜日は給食がないので、家にパンやお菓子やカップ麺が置いてあり、友達と二人でそれをランチにした記憶が

記事を読む

NO IMAGE

健康寿命:長生きはしたいが健康であることが条件という高齢者が多い

寿命が延びても健康でなければ意味がないと考える人達が多いようです。例えば、寿命が75の人と90の人がいたとして、75まで健康な人生を送れた人と、90まで生きられても、75~90までの15年間が寝たきりだったとしたらどうでしょう?90まで生きた人は、寿命が75の人に比べて幸せな人生を送れたと言えるでしょうか?生きている

記事を読む

NO IMAGE

猫吉に朗報!脳を操るトキソプラズマは降圧剤で退治できるらしい

人間の脳を操って、感染した人達に非道な行為をさせると言われている、恐ろしい寄生虫トキソプラズマですが、どうやら死角があったようです。しかし、この、主に猫から人に寄生するトキソプラズマは、世界人口の3分の1~半分が感染していると言われていて、こんなもんが脳に寄生しているのかと思うと生きた心地がしない人も多いのではない

記事を読む

NO IMAGE

キャノーラ油摂取はアミロイド斑を増加させるので脳にかなり有害

カノーラオイルは、世界で最も広く使われている食用油の1つなのですが、意外にも、その健康への影響はほとんど知られていません。今回、テンプル大学ルイス・カッツ医学部の研究者たちによってScientific Reports誌にオンライン掲載された新しい研究が、アルツハイマー病モデルマウスにおいて、キャノーラオイルの食事摂取と

記事を読む

Page 1 of 43
1 2 3 43