can’t help thinking of A as B = AをBと思わざるを得ない

can’t help thinking of A as Bは、AをBと思わざるを得ないという意味で、このイディオムは英語のニュースサイトで案外よく見かけます。can’t help ~ing = can’t help but ~ = ~せざるを得ない、~しないではいられないと覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

The Daily 202: Trump’s break with Bannon over Wolff book shows the limits of loyalty

“I can’t help thinking of Bannon as the Robespierre of this Trumpian revolution, ultimately devoured by the forces he helped release,”

”ワイは、バノンが、今回のトランプ革命の、自らが手を貸した解放勢力によって、最終的に破滅に追い込まれたロベスピエールに思えてならないんや”

ロベスピエールは、フランス革命を成功に導いた立役者の1人ですが、その後の彼の敷いた恐怖政治により、最終的に、革命の同士達によって処刑されることになります。スティーブ・バノンはトランプ革命の立役者の1人でしたが、革命の同士達によって、メディアで公開処刑されていることを皮肉った言葉です。バノン氏は、マーサー氏の経済的支援も失い、さらに、ブライトバートからも追放されるのではないかと、一部の間で、実しやかに噂されています。多くの人々が、バノン氏の事を、His 15 minutes of fame is waning. 彼のつかの間の名声も風前の灯火だと言い、アラバマ州上院補選での大失態が、バノン氏には致命的だったようです。

the forces he helped releaseは、フランス革命とトランプ革命をだぶらせて、革命を成功に導くのに手を貸した勢力という意味です。スティーブ・バノン氏が、チーフストラテジストとして権勢を振るっていた頃のホワイトハウスはカオス状態だったらしいので、バノン氏をロベスピエールに例えるのは、かなり的確なような気もします。

can’t but ~ = ~せずにはいられない、というイディオムも存在します。

I can’t but feel sorry for him. 彼への同情を禁じ得ない。

I can’t helpには、その他にも、自分ではどうすることもできないを意味する、

I can’t help myself. 我慢できない、どうしょうもない、

I can’t help it. 仕方がない、どうしようもない、といった言い回しもあります。

スポンサーリンク