ソクラテスの名言:he is idle who might be better employed

He is not only idle who does nothing, but he is idle who might be better employed. Socrates

このソクラテスの名言はどう訳すべきか?彼は、単に何もしない怠け者ではなく、働いた方がいい怠け者であると訳す人もいるかもしれないが、実際の訳は、何もしない人間だけが怠惰なのではなく、向上心のない人間も怠惰である。ルーチンワークに胡座をかいている社内ニートの事を言っているのだろうか。

might be betterは、~した方がいいだろう(かもしれない)、 employという英単語には、雇う以外に、~に従事する、使用する、用いる、採用するといった意味もある。better employedで、もっとましな使いみちや仕事みたいに解釈でき、might be better employed = もっと上を目指せると訳すこともできる。

They are not only idle who do nothing, but they are idle also who might be better employed.

ソクラテスの格言は、上記のようなパターンも存在する。何もしないで1日プラプラしてる奴等だけが怠け者の屑なのではなく、上を目指せるのに目指さない怠け者の屑もいる。

wordreferenceのこのスレッドに、better employedの意味の詳しい説明が載っている。

”she rejected a more conventional Conservatoire education after the Royal Academy of Music had told her that a career as a pianist was a daunting prospect for a young girl who would be better employed learning how to cook a good roast.”

”彼女は、王立音楽院に、美味いローストの作り方を学んでた方が賢明な若い女性にとって、ピアニストとしてのキャリアは、あまりにも無謀だと言われてから、旧来の音楽学校教育を否定していた。”

コンセルバトワールは、the Conservatoire = パリ音楽院、この場合は音楽学校のこと

daunting prospectは、直訳すると、非常に困難な前途で、全く先が見えないといった意味

would be better employed = would be better off =~した方がまし、could better use her time = 彼女の時間を使った(費やした)方が賢明、といった意味になると上記のスレッドに書いてある。

若い女は、プロのピアニストを目指すより、花嫁修業でもしていた方がよっぽどましといった意味。こういう時代の方が良かったという、懐古主義者もいるが、今の結婚受難時代を見るにつけ、女の職業は家庭を切り盛りする時代の方が良かったと思える人間が徐々に増えてきているのも事実だ。

スポンサーリンク