「 共和党 」一覧

NO IMAGE

アメリカ大統領選挙 サンダースの生命線は失業者の政治献金!?

アメリカ大統領選挙、共和党は既にトランプが代表候補の座を勝ち取っているのですが、一方の民主党の方はと言うと、バーニー・サンダースが早々に、7月25日~28日にフィラデルフィアで開催される民主党党大会における"contested convention"を宣言しているので、民主党員の多くが1968年の再来を懸念しています。

NO IMAGE

【悲報】トランプ大統領 ペイリン副大統領【日本終了】

ドナルド・トランプの副大統領は誰なのか?これが今のアメリカ政治の最大の関心事と言えるだろう。ヒラリー・クリントンの副大統領候補は、ジュリアン・カストロ、エリザベス・ウォーレン、シェロッド・ブラウン、ティム・ケイン、コーリー・ブッカーの5人を最有力候補として多くの民主党員達が予想している。

NO IMAGE

トランプ勝利→世界大恐慌→第三次世界大戦 歴史は繰り返す?

多くの民主党員達がトランプを共和党大統領候補にするために、open primary statesで挙ってトランプに投票した。ドナルド・トランプという、ほとんどのアメリカ人女性が生理的に受け付けない欠陥人間を大統領候補に祭り上げることで、11月の大統領選挙でのヒラリー勝利を確実なものにするためであった。

NO IMAGE

大統領選挙 クルーズ撤退 サンダース勝利 トランプ革命

ドナルド・トランプのインディアナ州予備選挙での圧勝を受けて、遂にここまで粘りに粘ったテッド・クルーズがレースからの撤退を表明した。これにより、トランプの共和党大統領候補指名選挙における勝利が確定した。トランプ vs クリントン、誰も想像すらしていなかった戦いが今始まろとしている。

NO IMAGE

アメリカ大統領選挙 トランプ、クルーズ、クリントン、サンダース

トランプとクルーズ、何故ここまで差がついてしまったのか?クルーズの戦略的失敗は確かにあった。トランプ人気を見くびっていたのが最大の誤算だが、トランプは所詮は Clown (道化師)だと誰もが心のどこかで確信していたはずだし、少なくとも彼の熱烈な支持者以外はそう思っていたはずだ。

NO IMAGE

lest should, in case, for fear, so that wouldn’t 意味、用法

lest ~ should は現実にはほとんどというか全く使われていない古臭い日本特有の受験英語に特化した英文法の一つのような酷い言われ方を巷ではされていますが、実際にググッて見れば分かる通り、ニュースの記事内にも意外とふんだんに使われているかなり実用的な使える活きた英語の一つなのです。

NO IMAGE

米大統領選、共和党 トランプ躍進の理由

トランプのニューヨーク州予備選圧勝は共和党内に衝撃を与えた。多くの NeverTrump 運動の参加者達はトランプは、open primary には強いが、closed primary には弱いと mantra (マントラ)のように唱えていたのだが、トランプはニューヨークで初の得票率過半数超えを果たした。

Page 6 of 9
1 4 5 6 7 8 9
スポンサーリンク