共和党一覧

NO IMAGE

アメリカの宿敵プーチンをトランプが大絶賛

2017年1月20日以降、この二人のタイタンによって人類滅亡か繁栄かが決定されます。脅しでも何でもなく、人類が全面核戦争によって滅びる可能性は確実に存在します。doomsday clock (終末時計)というのがあって、この時計が、二人の今後の行動次第で1秒前になる可能性があるという事で、恐怖の4年間です。

記事を読む

NO IMAGE

気候変動を無視するコストは相当高くつくらしい

トランプ次期大統領自身は、気候変動(地球温暖化)に人間が少しは関わっているかもしれないと認めてはいますが、それでも経済が最優先されるべきという姿勢は崩してはいません。なので、トランプ政権は完全に気候変動は無視するだろうと目されています。それどころか、EPAルールのほとんど全てを破棄するとさえ言われています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大ピンチ!?12.19の選挙人投票に暗雲

12月19日にトランプ氏がelectoral college270のマジックナンバーに到達しないのではないかという懸念が出てきています。仮に、不幸にしてトランプ氏がこの数字を割り込んでしまった場合、大統領選挙の行方は、議会(下院)で決定される事になります。

記事を読む

NO IMAGE

3人のギャング、ルビオ、マケイン、グラハム

1000万人以上の不法滞在者達に最終的に市民権を与えるいう、Gang of Eight bill あるいは、comprehensive immigration reform (CIR) bill (包括的移民改革法案)は、共和党のカリスマ、ラッシュ・リンボー氏等の努力によって闇に葬られました。

記事を読む

NO IMAGE

トランプの親露政策(プーチン懐柔)が重大な危機を招く!?

トランプ氏がロシアとの関係改善を模索していることは、今や世界の常識になっていますが、そのトランプドクトリンを頓挫させようとしている勢力が台頭してきています。そもそも何故ロシアがアメリカの仮想敵国で有り続ける必要があるのか?トランプ氏はそこに大きな疑問を抱いたと言われています。敵はロシアではないという訳です。

記事を読む

NO IMAGE

ギングリッチ、ペイリン、ジュリアーニがハブられた?

トランプ政権移行チームの間で、権力争いが勃発している事は前回お伝えしましたが、その争いが増々深刻化しているようです。ジュリアーニ氏が、次期国務長官のポストを巡るレースから撤退したことで、政権移行チームの力のバランスが、共和党主流派にかなり傾いていると危惧されています。トランプファンはかなりオコ状態です。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ政権:穏健派と保守派の戦いが始まった!?

トランプ政権の次期内閣人事を巡って激しい戦いが繰り広げられています。国務長官を誰にするのか?という問題が、保守派と穏健派の間に亀裂を生じさせていると伝えられています。ロムニー氏が国務長官に任命された場合、保守層からの反発は避けられないだろうと言われています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領誕生で、ずばりアメリカはこう変わる!

トランプ氏がアメリカをどう変えようとしているのかは、セッションズ氏、バノン氏、フリン氏、ポンピオ氏の抜擢で推し量れます。氏は米国民をテロリストの魔の手から本気で守るつもりで、不法移民に泣かされてきた多くの自国民を救済する気満々です。公約のアメリカンファースト、アメリカファーストを律儀に守ろうとしています。

記事を読む

NO IMAGE

日本は移民政策を真剣に考える時に来ている

日本は移民を受け入れるか、没落への道を選ぶかの2択を迫られているとよく言われますが、個人的には、移民云々の前にワープア若年層の支援をすべきで、その気がゼロなら移民受け入れしかないと思っています。どっちもしない場合、2030年までにこの国は相当悲惨なことになっているだろうと悲観的な予想がなされています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏、ジェフ・セッションズ氏を司法長官に抜擢!

アラバマ州選出上院議員のジェフ・セッションズ氏は、国務長官か国防長官と言われていましたが、司法長官に任命されました。個人的にはAGはテッド・クルーズ氏が適任と思っていたので、非常に残念ですが、テッド・クルーズ氏が連邦最高裁判事に指名されなければ、納得いかないクルーズ支持者が多いのではないでしょうか。

記事を読む

Page 3 of 9
1 2 3 4 5 9
スポンサーリンク