double down ダブルダウン triple down 意味

今回はイディオム、double down についてかなり詳細に調べて行きたいと思っています。このフレーズは元々は、ブラックジャック (漫画やアニメのブラックジャックではなくトランプのblackjackのこと)の倍賭けというルールに由来しているらしく、そこから転じて賭けを倍増(倍額)するみたいな意味になっています。カードゲーム以外で使う場合は、投資を増やすと言った意味で使われることが多いみたいです。double down で固執するというような訳し方もできるかもしれません。

スポンサーリンク

double down の詳細な意味

Anti-Trump super-PAC to double down on ad blitz
反トランプスーパーパックはアド・ブリッツに資金を追加投入
これは、広告に効果があろうが無かろうが、全くおかまいなしに、費用対効果を完全に無視して、トランプ氏に対する批判広告にさらに資金を投入するという意味になります。

John Kasich and Chris Christie double down on New Hampshire
ジョン・ケーシック氏とクリス・クリスティー氏の両候補は、ニューハンプシャーにリソースをさらに振り分けた。
これは二人の州知事がアイオワー・コーカスに全く勝ち目が無いので、唯一チャンスのあるかもしれないニューハンプシャーにアイオワのリソースを出来る限り振り分ける一か八かの賭けに出るといったような意味に取ることができます。

look the part, feel the part, act the partの意味・用例
partという英単語には、in part = 1つには、take part in = 参加する、dress the part = (役割、地位、身分)にふさわしい格好(服装)をする、part of the furniture = (家具の一部と化している)古株、part with = ~と分かれる、のようなさまざまなイディオムが存在します。
When to let go, when to double down
諦める時、固執する時(投げ売るか、ナンピンするか)
投資やビジネスにおいてはタイミングが全てです。持ち株が暴落した時、損失覚悟で投げ売りするか、ナンピンするかの選択は至難の業であると言えます(現物なら塩漬けも一択)。ビジネスでも不採算部門の廃止を考えた場合、不採算部門にリスクを取ってまで(risk on)資金を注ぎ続ける必要性があるのか?リスク回避(risk off)の為にも廃止すべきなのか?といった意味合いになります。

Trump doubles down on his controversial remarks
トランプ候補は議論の渦中にある問題発言に対しダメを押した。
問題発言ばかりしている(それが戦略という意見もあるのですが・・・)トランプ氏が、メディア・世間から総スカンを喰っている時に、そんなのどこ吹く風で火に油を注ぐが如く、問題発言を繰り返し発言する事によって、メディア・世間に対しダメを押すといったような意味合いになります。double down 以外に、triple down (ダメのダメを押す), quadruple down (ダメのダメのダメを押す) という表現も存在します。当然のことながら、quintuple down, sextuple down, septuple down, octuple down, nonuple down, decuple down も有りだと思います。

triple-down, quadruple-downが使われる時もあります。
Let’s hope he triples down, too.

He doesn’t just double down, he quadruples down.

He quadruples down on stupid.

上記の例では、馬鹿な発言をして世間から叩かれまくっている状況下で、謝って火消しに走るのではなく、自分の発言に固執して四面楚歌に陥る愚かな人間を揶揄する形で使わています。

double-down 危険な賭けに出る。賭けを倍増する。リスクを取って投資を増やす。状況を一切顧みることなく、渦中の人間が世間・メディアに対してダメ押し発言をする時に使われるようです。

Trump doubles down on his put down. What a Chump!
トランプ氏は自身の問題発言にダメ押し、なんて人だ!
Trump doubled down on his psychotic foreign policy positions.
トランプ氏は自身の危険な外交政策姿勢にダメを押しました。
more than, over, less than, under, at least, at most, 以下、以上、未満
今日は inequality symbols (不等号)が、英語でどのように表現されるのかを調べてみることにしました。日本語だと、x>2(xは2より大きい)、x<2(xは2より小さい、xは2未満)、y≤3(yは3以下)、y≥3(yは3以上)、のように表現しますが、これが英語だとどういう英単語やイディオムが使われのかを見て行きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク