未婚率の上昇は結婚に値する良質な男がいないのが原因だった!

オワコンジャパンでは猛烈な勢いで未婚率が上昇している。他にも、生活費、非正規社員、外国人労働者、公務員の犯罪、国の借金、日銀資産、廃墟、庶民の税負担、高齢者、子無し世帯、貧困世帯、貧困予備世帯、公務員の収入などが怒涛の勢いで増えている。まさに終わった感しかない酷い有様である。

スポンサーリンク

未婚率上昇の原因はろくな男がいないから

この記事”Do unmarried women face shortages of partners in the US marriage market?“に以下の一節がある。

One explanation for declines in marriage is a shortage of economically-attractive men for unmarried women to marry. Indeed, a new study published in the Journal of Marriage and Family reveals a significant scarcity of such potential male spouses.

結婚の減少の1つの原因は、未婚女性を結婚したいと思わせる経済的に魅力のある男が不足していることである。実際に、結婚と家族ジャーナルに掲載された新しい研究が、そのような男性結婚相手が著しく不足していることを明らかにしている。

先進国と新興国で深刻化している未婚率の上昇の原因は、経済的に魅力がある男が激減したことが原因の1つであるようだ。つーか、99%の原因はそれだろとしか言えない。要は、結婚に値する男がいないということで、ろくな男しかいないことが女性を結婚に躊躇させてしまっている。記事はアメリカの話だが、日本のまともな男不足は先進国一深刻だろう。

スポンサーリンク

結婚は金ではないとは言うけれど

“Marriage is still based on love, but it also is fundamentally an economic transaction. Many young men today have little to bring to the marriage bargain, especially as young women’s educational levels on average now exceed their male suitors.”

結婚は今でも愛がベースではあるが、基本的には経済的な取り引きでもある。今日の多くの若い男性は、殊に、現在の若い女性が、男性求婚者よりも平均して教育レベルが高いので、結婚交渉の場に持ち込めるものがほとんどない。

女という生き物はとにかく見栄っ張りな生き物なので、ほとんどの女は、他の女よりもでかい家に住んで、豪華な服を着飾って、糞高い高級車に乗って、馬鹿高い装飾品を身に着けて、学費の高いカルチャースクールに通って、ファーストクラスで超高級ホテルに宿泊する海外旅行を年数回して、週末は超高級レストランでグルメに舌鼓を打つ生活を望んでいる。そういう女性の欲望を満たせる男性がほとんどいないので、多くの女性は、理想よりも数段劣る低スペックの男で妥協しているのが現状である。日本の未婚女性にとって不幸なのは、日本には、低収入か無職、不細工、ちび、でぶ、はげでプライドだけはやたら高いサイコパス野郎で溢れていることだ。こんな国に未来などあるわけがないのである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク