経済一覧

NO IMAGE

INTELがNVIDIAの買収を真剣に検討中!?

インテル入ンテルで有名なあの Intelが、Nvidia の買収を今回は本気で考えているみたいな感じっぽいです。過去にも何度か似たようなニュースがあり、その度に、買収話は流れていました。なので、今度もただの噂かフェイクニュースかもしれませんが、AI の出遅れでインテルが相当焦っているだけに信憑性がありそうです。

記事を読む

NO IMAGE

気候変動、トランプは疑似科学を信奉している?

トランプ氏が地球の温暖化、あるいは、気候変動に対して、非常に懐疑的な事は世界中の人々が熟知しています。多くの保守派達は、地球の温暖化は、仮に存在したとしてもそれはただの自然のサイクルなので、ビジネスに深刻なダメージを与える経済活動を自粛する必要など全く無いと言っています。彼等にはビジネスが第一のようです。

記事を読む

NO IMAGE

日本は移民政策を真剣に考える時に来ている

日本は移民を受け入れるか、没落への道を選ぶかの2択を迫られているとよく言われますが、個人的には、移民云々の前にワープア若年層の支援をすべきで、その気がゼロなら移民受け入れしかないと思っています。どっちもしない場合、2030年までにこの国は相当悲惨なことになっているだろうと悲観的な予想がなされています。

記事を読む

NO IMAGE

ベーシックインカムは没落国家日本の救世主か?

non-universal basic income(限定的BI)という制度があって、ベーシックインカム(BI)を語る時、全ての国民が対象(universal BI)という前提が、そもそもアホ過ぎで、例えば、日本国民全てに月5万円支給した場合、年間75兆円かかり、如何に非現実的かが分かります。

記事を読む

NO IMAGE

世界大恐慌:トランプ氏は本当にフーバー大統領なのか?

トランプ氏は以前からフーバー大統領に擬えられていましたが、もし、トランプ氏が、本当にフーバー大統領だとしたら、世界大恐慌が起こります。トランプ氏が大統領になろうがなるまいが、来年世界の株価は大暴落するだろうと予想されていました。トランプ大統領誕生でその確率がさらに高まったと言われています。

記事を読む

NO IMAGE

凋落著しい日本の取るべき道は内需拡大しかない

日本はレーガン政権時代から内需拡大をしろと延々と言われ続けてきましたが、内需を拡大することは全くできませんでした。日本が欧米のようにGDPを成長維持できなかったのは、国内消費が伸び悩んだからで、その最大の理由は少子化にあります。欧米諸国は少子化を移民で賄い、移民の旺盛な繁殖力で、経済成長をかろうじて維持しています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ革命、トランプ大統領の意味すること

トランプ大統領、あるいは、トランプ政権が何を意味するのか?これは世界の人々にとっての一番の懸念事項になっています。トランプ次期大統領は、アメリカファーストを掲げ、アメリカさえ良ければ、世界がどうなろうが、一切知ったこっちゃないという、孤立主義的なスタンスを取っています。

記事を読む

NO IMAGE

没落国家日本の貧困問題が絶望的に深刻な理由

国民がこの国がいかに危機的な状況にあるのか、その危機感が全くない事と、何が危機的なのかも全く分かっていないから、と言われています。企業内失業者、公務員の異常な人件費、1000兆円を超える借金、常軌を逸した金融緩和や狂気の沙汰の日銀株式市場大規模介入等、この国は既に終わっているとも揶揄されています。

記事を読む

NO IMAGE

ドル円、為替レートの調整が通貨価値に影響を及ぼす

為替レートとは不思議なもので、一時期1ドル130円を超えると言われていたドル円が、今度は90円を割れるとまで言われだし、今は100円近辺で落ち着いていますが、今後どっちに走るのかは全く予想が付きません。何を尺度にすればいいのか分からないからです。日銀緩和の限界も確実に一因になっています。

記事を読む

NO IMAGE

規制撤廃、規制緩和なしに日本経済の復活はない

規制撤廃は金融ビッグバンの頃に盛んに議論されていましたが、その時よく言われていたことが、公務員(官僚)が自らの権力を自ら手放すはずがない、という至極まっとうな意見でした。規制=寄生=権力である以上、規制が多ければ多いほど、公務員達が潤うというわけです。

記事を読む

Page 5 of 11
1 3 4 5 6 7 11