移民一覧

NO IMAGE

オワコンジャパン:未婚政策が招いた絶望的な少子化とDQNの子沢山

1992年のバブル崩壊後から頑なに続けられた非婚化政策(生涯独身化政策)により、日本の少子化は着々と進み、去年は出生数が、遂に、念願の100万人割れを達成、今年も既に100万人割れ確実の速報が出ています(推計93万人)。政府が根気強く続けた、第三次ベビーブームが期待されていた団塊ジュニア世代に対する氷河期政策が功を奏し

記事を読む

NO IMAGE

異常な国日本:東証一部上場企業の従業員によるおぞましい暴行事件

引っ越しのサカイこと、サカイ引越センターの従業員による、他の従業員へのパワハラ暴行事件が某掲示板で話題になっていました。東証一部上場企業で起きた、このおぞましい暴行傷害事件が大したニュースにならないことが、この国の異常性を如実に物語っていますが、本来、絶対にあっては行けない行為が、この国では、まぁ、それもありなんじゃね

記事を読む

NO IMAGE

日本人は陽気に振る舞っても健康には良い影響を与えないらしい

ポジティブな感情は、しばしば、健康的な生活を送るための、非常に重要な側面であると見られていますが、新しい研究が、感情と健康転帰の関係が、文化的背景によって異なる可能性があることを示唆しています。Psychological Science誌に掲載された今回の発見は、前向き感情経験が、米国民には良好な心血管健康との関連性を

記事を読む

NO IMAGE

不法移民は犯罪者ではなく貴重な労働力であり納税者でもある

不法移民問題が、トランプ氏を大統領にしたと言っても過言ではありません。それだけ、アメリカの不法移民は深刻なのです。働き者で法律を遵守する不法移民達が、怠け者のアメリカ人達が嫌がってやらない仕事をしてくれているんだから感謝しろ!というのが、リベラルのマントラになっています。その一方で、不法移民は、移民法に違反しまくって

記事を読む

NO IMAGE

女性の社会進出:女性が世帯の稼ぎ頭になることの社会的弊害

先進国や中興国に多く見られる少子化の原因は、適齢期年齢の男性の経済的な不安定性にあると指摘されています。アメリカでは、大学を卒業した男性達が、実家に戻って親と一緒に暮らす若者が増えていて、結婚どころではないと言われています。アメリカでは、黒人女性の非嫡出率が70%を越えているという衝撃的なデータがありますが、先進国では

記事を読む

NO IMAGE

【辞任】トランプ政権は何故短命に終わってしまったのか?【弾劾】

トランプ政権は既に終了しているというのが、多くの識者たちの共通した見方で、ここまで短命に終わった理由については、政治評論家達の間でも意見が別れています。トランプ大統領はいつ弾劾されてもおかしくない危機的な状況に追い込まれていて、弾劾されればあっさり辞任するだろうと予想されています。実質的にトランプ大統領を擁護する上院

記事を読む

NO IMAGE

【トランプ】リベラリズムがアメリカを破壊する【イデオロギー闘争】

リベラルは何故自分の祖国を憎むのか?これが多くの保守派達の永遠の疑問になっているわけですが、リベラルに言わせると、保守派が固執する愛国心こそ、時代遅れの無用の長物であると言っています。この2つの相反するイデオロギーが、今のアメリカでは臨界点に達しつつあると指摘されていて、second civil war(第二次南北戦争

記事を読む

NO IMAGE

北朝鮮政権崩壊後の戦後処理で日本は相当の負担を強いられる

トランプ政権と中国の間で、北朝鮮政権交代後の戦後復興費用を、日本と韓国に分担させる密約が結ばれているという噂がありますが、恐らく、本当にそうなると思われます。戦後復興費用がなんぼになるかは分かりませんが、相当な額になることだけは確かなようです。アメリカと中国が美味しいところを全て掠め取る寸法のようです。日本は悲惨です。

記事を読む

NO IMAGE

post-truth(嘘も真実)な世界では真実は意味を持たない

フレーズ”alternative facts(別の真実)”は、最近、政治的な意味合いでニュースになってきていますが、精神科医達は、既にそのコンセプトには詳しく、ほぼ毎日のように患者達によって言い表されている、さまざまな形態のもう一つの現実を耳にしています。私達全てが、ほぼ毎日のように日々の生活の中で、実際の現実か

記事を読む

NO IMAGE

バノン氏の撒いた餌に食いついたリベラル弁護士と裁判官達

トランプ支持者達のサイト、フォーラム、ブログを色々見ていると、今回の入国厳格化大統領権限は、バロン氏がリベラル達に撒いた餌、撒き餌の可能性があるみたいです。リベラル弁護士と裁判官たちは見事にバロン氏の術中にハマったことになります。バロン氏が今回の大統領権限を作成した中心人物と見られていて、かなり奥が深い策略のようです。

記事を読む

Page 1 of 6
1 2 3 6