貧困一覧

NO IMAGE

男女共にうつ病が長期的な寿命短縮リスクと密接にリンクしている

昨今、精神疾患への理解が高まっているにもかかわらず、うつ病は、依然として、寿命を大幅に縮めるリスクを抱え続けたまま放置されており、この鬱病短命リスクは、近年、女性において、特に顕著であることが、CMAJ(Canadian Medical Association Journal、カナダ医師会ジャーナル)に掲載された60年

記事を読む

NO IMAGE

世界肥満危機:世界中で肥満児と肥満の若者が猛烈な勢いで激増中

世界の肥満児と肥満の10代の若者(5歳~19歳)の数が、過去40年で10倍に増えている事が、インペリアル・カレッジ・ロンドンと世界保健機関を中心とした新しい研究が示唆していて、もし、現在のこの傾向が続いた場合、もっと多くの子供と若者たちが、2022年までに、痩せる(激ヤセから中程度の痩せ)以上に肥満になるだろうと言って

記事を読む

NO IMAGE

この国は少子化の原因であるワープア世帯救済を何故頑なに拒むのか?

日本もアメリカのようなフードスタンプ制度やメディケイド制度を、ワープア世帯向けに作るべきだと過去にも何度か書いていますが、この国にそんな良識的な政策を作れるわけもなく、社会貢献ゼロの生活保護受給世帯が、社会に貢献しているワープア世帯よりも優遇されるという、まさに働いたら負けな社会を作り出してしまっています。愚の骨頂

記事を読む

NO IMAGE

不法移民は犯罪者ではなく貴重な労働力であり納税者でもある

不法移民問題が、トランプ氏を大統領にしたと言っても過言ではありません。それだけ、アメリカの不法移民は深刻なのです。働き者で法律を遵守する不法移民達が、怠け者のアメリカ人達が嫌がってやらない仕事をしてくれているんだから感謝しろ!というのが、リベラルのマントラになっています。その一方で、不法移民は、移民法に違反しまくって

記事を読む

NO IMAGE

完全自己責任社会が誕生すれば病気や怪我も自己責任になる

日本人は健康に無関心では済まされない状況に追い込まれています。医療費の国庫負担の増大だけではなく、看護師不足、介護士不足、ありとあらゆる問題が、国民の健康に対する無関心さから生じていると言っても過言ではありません。国民が健康なら看護師も介護士不足にもならないし、医療破綻なんて事も起こり得ません。国が動く必要があります。

記事を読む

NO IMAGE

涙腺崩壊:アニメ「フランダースの犬」最終回を見ると何故泣くのか?

久しぶりに最終回を見ましたが、やっぱり泣いてしまいます。何十回も見ている最終回をちょい見しただけで何故泣いてしまうのか?これは、もはや、パブロフの犬のように、条件反射化してしまっているとしか言えません。パブロフの犬が、ベルの音色を聞くと、唾液が溢れ出してしまうように、フランダースの犬のラストシーンを見ると、涙が溢れ出て

記事を読む

NO IMAGE

超衝撃的事実!世界の貧困層の過半数は子供達だった!!

オックスフォード大学による、世界的な貧困に関する新しい研究が、国連の子供の貧困をなくすための新しい持続可能な開発目標が直面する課題の大きさを暴露しています。103カ国に及ぶ低・中所得国の調査が、子どもは総人口の34%を構成している一方で、48%の貧困層を占めていることが、健康、教育、生活水準の喪失度合いを評価している

記事を読む

NO IMAGE

【慈善事業】チャリティー精神が日本の未来を救う【募金活動】

愛は地球を救えるかもしれませんが、庶民(貧民)から募金を募る一方で、裕福な芸能人達には莫大なギャラを払っていると言った批判は置いておくとして、その愛、あるいは、チャリティ精神はどこから湧いて来るのでしょうか?キリスト教的な博愛心から派生しているという人達もいます。しかし、血塗られた歴史を見れば、狩らずしもそれが正しい

記事を読む

NO IMAGE

【子供の貧困】漫画ブームの終焉?週刊少年誌が売れない!【少子化】

少年ジャンプと言えば、かつては発行部数600万部を誇っていましたが、その頃は、まじかる☆タルるートくん、こち亀、ジャングルの王者ターちゃん、ドラゴンボール、ジョジョの奇妙な冒険、電影少女、幽遊白書、ろくでなしブルース、スラムダンクなんかが隆盛を極めていましたが、過去には、Dr.スランプ(あられちゃん)、キン肉マン等の

記事を読む

NO IMAGE

【トランプ】リベラリズムがアメリカを破壊する【イデオロギー闘争】

リベラルは何故自分の祖国を憎むのか?これが多くの保守派達の永遠の疑問になっているわけですが、リベラルに言わせると、保守派が固執する愛国心こそ、時代遅れの無用の長物であると言っています。この2つの相反するイデオロギーが、今のアメリカでは臨界点に達しつつあると指摘されていて、second civil war(第二次南北戦争

記事を読む

Page 1 of 8
1 2 3 8