貧困一覧

NO IMAGE

完全自己責任社会が誕生すれば病気や怪我も自己責任になる

日本人は健康に無関心では済まされない状況に追い込まれています。医療費の国庫負担の増大だけではなく、看護師不足、介護士不足、ありとあらゆる問題が、国民の健康に対する無関心さから生じていると言っても過言ではありません。国民が健康なら看護師も介護士不足にもならないし、医療破綻なんて事も起こり得ません。国が動く必要があります。

記事を読む

NO IMAGE

涙腺崩壊:アニメ「フランダースの犬」最終回を見ると何故泣くのか?

久しぶりに最終回を見ましたが、やっぱり泣いてしまいます。何十回も見ている最終回をちょい見しただけで何故泣いてしまうのか?これは、もはや、パブロフの犬のように、条件反射化してしまっているとしか言えません。パブロフの犬が、ベルの音色を聞くと、唾液が溢れ出してしまうように、フランダースの犬のラストシーンを見ると、涙が溢れ出て

記事を読む

NO IMAGE

超衝撃的事実!世界の貧困層の過半数は子供達だった!!

オックスフォード大学による、世界的な貧困に関する新しい研究が、国連の子供の貧困をなくすための新しい持続可能な開発目標が直面する課題の大きさを暴露しています。103カ国に及ぶ低・中所得国の調査が、子どもは総人口の34%を構成している一方で、48%の貧困層を占めていることが、健康、教育、生活水準の喪失度合いを評価している

記事を読む

NO IMAGE

【慈善事業】チャリティー精神が日本の未来を救う【募金活動】

愛は地球を救えるかもしれませんが、庶民(貧民)から募金を募る一方で、裕福な芸能人達には莫大なギャラを払っていると言った批判は置いておくとして、その愛、あるいは、チャリティ精神はどこから湧いて来るのでしょうか?キリスト教的な博愛心から派生しているという人達もいます。しかし、血塗られた歴史を見れば、狩らずしもそれが正しい

記事を読む

NO IMAGE

【子供の貧困】漫画ブームの終焉?週刊少年誌が売れない!【少子化】

少年ジャンプと言えば、かつては発行部数600万部を誇っていましたが、その頃は、まじかる☆タルるートくん、こち亀、ジャングルの王者ターちゃん、ドラゴンボール、ジョジョの奇妙な冒険、電影少女、幽遊白書、ろくでなしブルース、スラムダンクなんかが隆盛を極めていましたが、過去には、Dr.スランプ(あられちゃん)、キン肉マン等の

記事を読む

NO IMAGE

【トランプ】リベラリズムがアメリカを破壊する【イデオロギー闘争】

リベラルは何故自分の祖国を憎むのか?これが多くの保守派達の永遠の疑問になっているわけですが、リベラルに言わせると、保守派が固執する愛国心こそ、時代遅れの無用の長物であると言っています。この2つの相反するイデオロギーが、今のアメリカでは臨界点に達しつつあると指摘されていて、second civil war(第二次南北戦争

記事を読む

NO IMAGE

アベノミクスは大成功!最高に好景気らしいが実感のない人が多い

という人達が多いようです。日本人のトップ1%の超富裕層達の金融資産は大激増しているらしいのですが、貧困層は確実に激増しているとも言われています。2割の上級国民は、アベノミクスの恩恵を、これでもかというほど享受しているのでしょうが、その他大勢の8割の貧困層と貧困予備軍は、円安・株高・物価高の影響で生活が困窮していっている

記事を読む

NO IMAGE

景気拡大局面入り、オリンピックバブルの陰で廃墟が激増

少なくとも自分の近所を見る限り、明らかに景気は良くなっているように見えます。2008年の世界大不況時以降、全く埋まらなかった空きテナントが埋まったり、2020年の東京オリンピックのための、駅前の再開発や新道路開発も急ピッチで進められ、新しい高層マンション、団地やアパート、戸建て住宅の建設も猛烈な勢いで押し進められ

記事を読む

NO IMAGE

家の近所のカルガモ等の鳥達を見る事がうつ病予防になる

エクセター大学、英国鳥類学協会、クイーンズランド大学の研究者達による研究によると、より多くの鳥たち、灌木、木立に囲まれた生活を送っている人達は、うつ病、不安症、ストレスに苦しむことがあまりないそうです。数百人が関わった今回の研究は、家の周囲で、鳥類、灌木、木々を見れる事が、人々が都市に住もうが、もっと緑に覆われた郊外

記事を読む

NO IMAGE

フェイクニュース、ポストトゥルース、我々は何を信じればいいのか?

最近やたらと、ある関係筋・情報筋、あるいは、あるトランプ政権担当官等、ソース不明の情報を使った、出所不明のニュースが頻繁にネット上を飛び交っていますが、ほとんどがデタラメのフェイクニュースと言っても過言ではないと言われています。実際、ほとんどの場合、トランプ政権は、フェイクニュースとして完全否定しています。

記事を読む

Page 1 of 7
1 2 3 7
スポンサーリンク