イディオム or lack thereof 意味、用法、例文

or lack thereof、頻繁にnews article (ニュース記事)等で見かけるフレーズなんですが、どういう感じの使われ方をしているのかを詳しく調べてみることにしました。フォーラムでもアメリカ人は、このイディオムを好んで使っているのをよく見かけますし、テレビのニュース番組なんかでも使われているのをたまに聞く事があるので、どういう意味なのかを知っておいた方がいいイディオムの一つとも言えます。例えば、PC MagazineのFiat Chrysler Building Autonomous Minivans With Googleの記事中に、

But there remains one major hurdle for autonomous technology: federal regulations—or lack thereof.

という英文があるのですが、これはどういった意味で、どういったニュアンスで使われているのかをこれから掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

or lack thereof の意味

lack = 欠如、thereof = それの、単純に和訳すれば、あるいはそれの欠如、と訳せる。or lack thereof ← このスレッドを見てみると、どうやらこのイディオムにはかなり辛辣な皮肉なニュアンスがあるらしい事が分かる。

It fits your life – or the complete lack thereof (an advertisement slogan)

OPはこの車のCMに出てくる英文の意味を知りたいのだが、このスレッドの最後の方に載っているコメントがどう考えても有り得ない。そもそも車の広告で、”This car sucks” (この車は最低)や視聴者に対して、so does your life (おまえの人生もな)、などというニュアンスを持たせるわけがないと思われるのだが、

This expression is often used in a sarcastic tone.

In the example, “It fits your life or the complete lack thereof”, the author could have said, “It fits your life or the complete absence of it”. The underlying, sarcastic meaning is, “This car sucks, so does your life”.

ところが、このコメントを後押しするコメントが最後に付けられている。

This is the befitting explanation. ‘Lack Thereof’ is a negation of the subject in question, often used sarcastically.

どの説明も、この広告は、視聴者を loser (負け組)扱いにしているニュアンスがある。

This car fits your life, even if you don’t have a life.

Buy it no matter what! It will get you where you’re going, and if you’ve got nowhere to go, you can still drive around in it, aimlessly.

「この車はあなたの生活にピッタリ、例えあなたがどんなに虚しい悲惨な生活を送っていたとしても」つまり、おまえ(視聴者)の惨めな生活にピッタリな車、という意味にもとれるのかもしれない。これと似た回答が寄せられている。

The advertiser is suggesting that you may be lacking an interesting or good life – so buy their product.

「広告主は、お前(視聴者)は単調で何の面白みのないつまらない人生を送っているんだろうな、と示唆しているのです。それならこの商品をさっさと買えと」

もちろん、これはcompleteが付いているので多少大袈裟に意訳しているだけなのですが、この広告の趣旨は、この車を買えば、あなたの人生が楽しくなりますよ~、と視聴者に車を買って人生を楽しみましょうという事で、ドライブが趣味の人が多い国のCMとしてはありなのかなと。日本では、冷酷企業と国の無策で犠牲になった貧困に喘ぎ苦しむ若者達の車離れ(免許取得離れ)が深刻になっているようですが。

or lack thereof の例文

ニュースに使われているものをピックアップしてみました。
3 reasons Donald Trump could beat Hillary Clinton and win the presidency

That brings us to the second factor working in Trump’s favor: He has proved to be a brilliant manipulator of the terms of engagement. In terms of style and substance (or lack thereof), Trump made the Republican field talk about what he wanted to talk about and discuss the world in a more Trumpian way.

「この事はトランプ有利に働く第二の要因をもたらします。彼が天才的な契約条件の改ざん者だということは証明済みです。型と内容(または、型と内容の欠如)に関して、トランプは、よりトランピアン流に自分が話したい事や議論したい事を、他の共和党員達に話題にさせました。」ここでの thereof (of it)は、style and substance の事を言っていて、or lack of style and substance となり、型と内容の欠如、という意味になる。型と内容(または、型と内容の欠如)に関して、と訳せる。トランプの討論スタイルが、型破りであるばかりでなく、substanceless (内容がない)と批判されていたことは記憶に新しいだろう。つまり、型も内容も何もない彼の粗野で荒削りな部分がそういった層に受けた事が幸いしたというところか。

トランプの共和党予備選での成功は、自身の無知無教養(nuclear triad さえ知らなかった無知無教養っぷりをさらした事がある)を隠すために、彼が常に共和党内における討論や議論のスタイルと内容(あるいは全く内容がないように)を彼のレベルまで引き下げる事に成功した事にあると言っている。共和党討論会で、大人の議論をするのではなく、子供の口喧嘩レベルの討論に終始した事を揶揄している。現役の上院議員や州知事、元州知事達が、何も知らない Kardashian candidate と罵られている不動産屋の親父と同じレベルで言い争うとか、本来ならあってはいけないことだったはずだ。

イマイチ良く分からない例文なので、もっと分かり易い例文で。
Can Washington resentment carry Trump to the White House?

Trump will need to up his game from ‘boasting’ to ‘how I’m going to’. That will be the only way he can try to fight a Clinton-lead charge on his experience, or lack thereof.

「トランプは’豪語する事’から’こうするつもり’へ、目標を引き上げる必要がある。この事が、彼が彼の経験や経験不足に対する、クリントン主導の攻撃に立ち向かう事ができる唯一の方法になるでしょう。」

thereof は、experience の事で、lack (absence) of experience = 経験不足、という意味になります。or lack thereof は、or lack of experience よりも形式張った古風な言い回しになるだけでなく、嫌味や皮肉な意味合いも含まれています。例文でも、トランプに経験などある訳もなく、大統領夫人→上院議員→国務長官という華々しい経歴のクリントン候補に対して、たかだか一介の不動産屋の親父が、本来、同じ土俵で争う事すらおこがましい事なのだが、今回ばかりは、populist (大衆扇動屋)が党代表候補に選出されるという、共和党内部が前代未聞の異常事態に陥っているので、ヒラリー女史にとっては本当に災難としか言い様がない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする