grade intoの意味と用法、grade schoolの意味

英単語のgrade(等級、学年、評価、傾斜)は基礎中の基礎単語で、日本ではグレードという言葉がすっかり定着しています。このgradeという単語は、簡単なようで、実は意外と意味不明の用法があるので、今回は、この初級レベルの英単語について調べてみました。

グレートマジンガーをグレードマジンガーと間違えていたのが、懐しく思い出されます。

grade intoの意味と用法

GRE(graduate record exam、大学院進学適性試験)の過去問に、以下の問題があります。

In parts of the Arctic, the land grades into the landfast ice so ___ that you can walk off the coast and not know you are over the hidden sea.

landfast ice = 陸続きの氷原、hidden sea = 隠れた(目に見えない)海

この英文のgrades intoは、溶け込むという意味で、つまり、陸が、陸続きの氷原に溶け込んでいると訳せます。つまり、北極の一部では、陸なのか氷原なのか区別が付かないので、知らない間に下が海の氷の上を歩いているということです。

grade into ~ = 徐々に(色や形が)~に変わる、溶け込む

grade schoolの意味

grade school = elementary school (場所によっては小中高だったり、私立と公立でも違いがあるようです)、elementary schoolという言葉は、アメリカにいた時は、あまり耳にはしませんでした。大学の講師は、好んでgrade school、grammar schoolを使う傾向が強かったように思います。小学校を意味する英単語には、この他にもprimary schoolという語があります。小学生は、grade schoolerが最もよく、周りのアメリカ人達によって使われていました。

中学校は、middle schoolかjunior high schoolですが、これも、国や地域によって、かなり意味合いが違ってきますが、全く一緒と思って問題ありません。面白いのは、middle schoolにしてもjunior high schoolにしても、一部の学区では、日本でいうところの小学6年生~中学2年生までを中学生と呼んでいて、中学3年生~高校3年生を高校生と呼んでいることです。日本と全く同じグレードシステムを導入している州や地域もありますが、この辺のところは、時代や州や学区によって大きく異なってくるのが、アメリカと日本の大きな違いだと言えます。

高校が4年制の場合、高1がfreshman、高2がsophomore、高3がjunior、高4がseniorになるのは言うまでもありません。米国の場合、kindergartenというのがあり、日本で言うところの幼稚園で、これを小1扱いにして、小学校は5年まで、中学校は6年~8年、高校を9年~12年にしている学区もあるようです。つまり義務教育が13年ということになります。

参考サイトGrade/Grammar/Elementary School

参考サイトfreshman/sophomore/junior/senior