歴史一覧

NO IMAGE

超感動秘話:日本が誇る偉大な太陽観測家小山ひさ子と星になったチロ

日本には、小山ひさ子氏という、世界に誇る偉大な黒点観測家がいたみたいで、今の今まで、名前すら聞いたことがなかっただけに、かなり驚かされています。この人のことググってみると、白河天文観測所の天文台長だったチロという犬のwikiページが検索に引っかかり、自分が過去に飼っていた犬の名前と同じだったので、さらに驚かされました。

記事を読む

NO IMAGE

今日はメモリアルデー(戦没者追悼記念日)なので英霊達に感謝を

アメリカは今日はメモリアルデー(戦没将兵記念日)ということなので、先の大戦(日中戦争も含めた)で亡くなった英霊達に感謝を示しましょう。日本はアメリカの圧倒的な物量の前に敗れ去りはしましたが、そんな絶望的な戦いの中でも勇敢に戦い散っていたご先祖様に感謝を捧げることは、とても大切なことなのではないでしょうか。

記事を読む

NO IMAGE

生誕100周年、ケネディ元アメリカ大統領の心に染み入る名言

今日(5月29日)は、JFK(ジョン・F・ケネディ)元大統領の生誕100周年だという事で、それ関連のニュースがネット上を賑わせています。1917年5月29日に、マサチューセッツ州ブルックラインで生を受け、1963年11月22日に、テキサス州ダラスで没するまでの、享年46歳という非常に短い生涯ではありましたが

記事を読む

NO IMAGE

古代日本は考えられていた以上に国際的な国だった!

奈良時代の日本は渡来人も多く、国際的だったと教わった記憶があります。例えば、奈良の大仏を作ったのは実質渡来人と言われているし、少なくとも日本が対外的に閉鎖的だったという事はなかったのではないでしょうか。日本が閉鎖的になったのは秀吉の天下統一以降ではないかと思います。

記事を読む

NO IMAGE

終戦記念日を前に、日米開戦の原因を探ってみる

日本が徳川幕府による天下泰平の世から、再び戦争に明け暮れる道を選んだのは、外圧のせいだった訳ですが、全ては自国防衛のためでした。欧米列強による侵略・植民地化を防ぐためには、大陸進出は止むを得ず、清、ロシアの南下政策は日本にとって脅威であり、朝鮮を緩衝地帯にする事は避けられなかったと言っても決して過言ではありません。

記事を読む

NO IMAGE

必見!父の日はいつ始まった?父の日に関する豆知識

父の日がいつから始まったのか気になったので調べてみました。想像通りアメリカで始まったらしく、1908年7月5日に世界で初めて父の日がウェストバージニアの小さな町フェアモントで祝われたようです。あるイベントをきっかけにしてこの日に祝うようになったのですが

記事を読む

NO IMAGE

ノモンハン事件、独ソ不可侵条約、第二次世界大戦、仏印進駐、日独伊三国同盟

ノモンハン事件ほど世界史に影響を与えた国境紛争はないのではないでしょうか。という事で今日は海外サイトを参考にノモンハン事件について調べてみたいと思います。日本ではNomonhan Incident、ロシアでは、Battles of Khalkhin Gol (ハルヒンゴルの戦い)

記事を読む

NO IMAGE

カーチス・ルメイ 東京大空襲 原爆投下 朝鮮戦争 キューバ危機 ベトナム戦争

現職アメリカ大統領として初の広島訪問を果たしたオバマ大統領。George Wallace (ジョージ・ウォレス)の再来と揶揄されているドナルド・トランプ。今日はそのウォレスの副大統領候補だったカーチス・ルメイ)の話です。

記事を読む

NO IMAGE

独創性と想像力(創造力)のない日本人にとってパクリは重要な文化

日本人は他の先進国の国民と比べると想像力が著しく欠如していると言われている。ここではそのことを悪い意味として捉えるのではなく、想像力が欠如していることが、時としてプラスに働くこともあるということを、日本人が如実に証明している歴史的事実を探っていきたい。

記事を読む

NO IMAGE

Neerja Bhanot ニーラ・バノット hero of Flight 73 まじ泣ける

Neerja Bhanot ニーラ・バノット hero of Flight 73 は非常に感動するストーリーです。Schindler's List (シンドラーのリスト)以来の感動かもしれません。別に映画を見たわけではないのですが、記事を読んだだけでも泣けてきました。

記事を読む

Page 1 of 2
1 2